リテラアップダウンロード

Windows10 タスクバーにショートカットを追加・削除する方法

タスクバー,ショートカット,追加,削除

今回は、Windows10のタスクバーにショートカットを追加・削除する方法についてご紹介します。

タスクバーはパソコン画面の一番下に表示されている固定領域です。常に表示されているため、どのような操作をしている時でもすぐにアクセスができます。

タスクバーに利用頻度の多いアプリやファイルのショートカットを登録すれば、作業効率が良くなります。

タスクバーのショートカット追加・削除や起動方法

タスクバーには、デフォルトでいくつかのアプリのショートカットが登録されています。しかし、それが必ずしも自分にとってよく使うアプリとは限りません。

ここでは任意でアプリのショートカットをタスクバーに追加し、必要のないショートカットを削除する方法をご紹介します。また、ショートカットからアプリを起動する方法も合わせてご紹介します。

  • タスクバーにアプリのショートカットを追加・削除
  • タスクバーにフォルダのショートカットを追加
  • タスクバーのアプリをショートカットキーで起動
  • タスクバーのアプリの順序を移動

タスクバーにアプリのショートカットを追加・削除

まず、タスクバーにアプリのショートカットを追加する方法をご紹介します。

タスクバーには普段よく使うアプリを選んでショートカットを登録しておくと便利です。スタートメニューやデスクトップにアクセスしなくてもアプリをすぐに起動できます。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

STEP.1
パソコン画面左下のWindowsロゴをクリックし、スタートメニューを起動します。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

STEP.2
表示されたアプリ一覧の中からタスクバーに追加したいものを選んで、右クリックします。次に、表示されたメニューの中から「その他」をクリックします。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

STEP.3
「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

STEP.4
タスクバーにアプリのショートカットが追加されます。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

STEP2の段階で、スタートメニューのアプリ一覧の中からアプリアイコンをタスクバーにドラッグすると、より簡単にショートカットを追加できます。

また、デスクトップのアプリアイコンからタスクバーにショートカットを追加することも可能です。追加方法は、デスクトップのアプリアイコンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」を選択するだけです。

タスクバーにアプリのショートカットを追加

タスクバーのアプリのショートカットを削除

STEP.1
タスクバーの中から削除したいショートカットを選び、右クリックします。

タスクバーのアプリのショートカットを削除

STEP.2
「タスクバーからピン留めを外す」を選んで、クリックします。

タスクバーのアプリのショートカットを削除

STEP.3
タスクバーの中から、ショートカットが削除されました。

タスクバーのアプリのショートカットを削除

パソコン購入時からデフォルトで表示されているショートカットも、上記の方法で削除することができます。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

フォルダのショートカットもアプリと同じようにタスクバーに追加できます。ただし、追加方法は少し複雑になります。

STEP.1
デスクトップの何もないところで右クリックし、「新規作成」にカーソルを当てます。メニューが表示されるので、「ショートカット」をクリックします。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.2
「どの項目のショートカットを作成しますか?」と表示されるので、「参照」をクリックします。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.3
ショートカットを作成したいフォルダを選び、「OK」をクリックします。ここでは、「風景写真」というフォルダを選択しています。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.4
「どの項目のショートカットを作成しますか?」のインプットボックスに、選択したフォルダのパスが自動入力されています。ここで、パスの先頭に「explorer」と入力し、半角スペースを入れます(ここでは「explorer C:¥Users¥programing¥Desktop¥風景写真」となっています)。入力後、「次へ」をクリックします。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.5
ショートカットの名前を入力します。初期状態では「explorer.exe」となっているので、これを消去して任意の名前を付けます。ここでは、「風景写真のフォルダ」に変更しました。最後に「完了」をクリックします。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.6
デスクトップに「風景写真のフォルダ」ショートカットが追加されました。このショートカットをタスクバーにドラッグします。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

STEP.7
タスクバーにフォルダのショートカットが追加されました。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

なお、フォルダのアイコンを直接タスクバーにドラッグしても同じ結果は得られません。
例えば、以下の画面はデスクトップの「風景写真」フォルダをタスクバーに追加したときの画面です。

タスクバーにフォルダのショートカットを追加

フォルダのショートカットはタスクバーそのものには追加されていません。しかし、タスクバーのエクスプローラーを右クリックしてみると、「風景写真」のフォルダが現れます。

このようにドラッグ操作でフォルダショートカットを追加する場合は、エクスプローラーのショートカットを介した形になります。

タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

タスクバー上のアプリは、Windowsロゴキーと数字キーの組み合わせで起動することができます。対応するアプリはタスクバーの左側から順に、1,2,3…となっています。このショートカットで、最大10個までタスクバー上のアプリを起動できます。

タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

ここでは、タスクバー上のSkypeを起動します。Skypeは左から3番目にあるので「Windowsロゴキー」+「3」を押します。

タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

Skypeが起動します。

タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

左から10番目のアプリを開くときは、「Windowsロゴキー」+「0」のショートカットキーを使います。「Windowsロゴキー」+「10」では起動しませんので注意が必要です。

使用頻度が高いアプリほど左に配置しておくようにしたほうが、割り当ての数字がわかりやすく、このショートカットを効率よく使えます。

タスクバーのアプリの順序を移動

STEP.1
順序を移動したいアプリをドラッグします。

タスクバーのアプリの順序を移動

STEP.2
入れたい場所までドラッグしたら、ドロップします。

タスクバーのアプリの順序を移動

タスクバーのショートカットは通常左詰めで配置されていきますが、この方法を使えば任意の順番に変更することが可能です。

タスクバーにショートカットを追加して効率化

以上、タスクバーにショートカットを追加する方法をご紹介しました。

使用頻度の高いアプリほど、タスクバーに追加しておきたいものです。常に表示されているタスクバーなら、どんな作業をしている最中でもワンクリックでアプリを起動できます。

ショートカットを追加・削除したり、順番を変更したりして、自分が使いやすいタスクバーにカスタマイズしてみましょう。

タスクバーのショートカットを使って、仕事の効率化を測ってみてください。