リテラアップダウンロード

エクセルのCOUNTIF関数の使い方|複数条件の設定なども解説

エクセルのCOUNTIF関数の使い方

エクセルのCOUNTIF関数の使い方を紹介します。

データ分析では、ある条件に当てはまる要素の数を調べる必要がでてくる場合があります。例えばある一定以上の売上げがある商品の数をカウントしたり、アンケートで好評価をつけたユーザーの人数を数えたりと幅広いシチュエーションで利用されます。

この記事では、複数条件の設定の仕方など少し複雑な場面でも使用できる方法を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エクセルのCOUNTIF関数とは

エクセルのCOUNTIF関数とは、条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です。セルが空白でない場合のセル数をカウントするCOUNT関数と、条件を設定する時に使用するIF関数を組み合わせたものです。

ある条件を満たすデータの数がいくつあるか数えたいときに便利です。例えば「男」「女」が入力されたデータで「男」と入力されたデータの数を求めたり、ある年齢以上の人のデータがどれくらいあるか数えたりすることができます。

エクセルのCOUNTIF関数とは

  • COUNTIF関数の構文・引数
  • COUNTIF関数の使い方・使用例

COUNTIF関数の構文・引数

COUNTIF関数の構文は「=COUNTIF(範囲, 検索条件)」となっています。第一引数の「範囲」には設定したい条件の元となるデータがある範囲を、第二引数の「検索条件」には設定したい条件を入力します。

例えばある施設の入館者のデータがあるとします。年齢の情報から65歳以上のシニア層がどれだけいたのか知りたい時にCOUNTIF関数を使用します。

この場合関数は「=COUNTIF()」と入力します。「範囲」には年齢のデータがあるセル範囲を指定し、「検索条件」には以上を示す比較演算子「>=」を用いて「”>=65”」というように条件を設定します。

COUNTIF関数の構文・引数

条件の設定の仕方には、比較演算子を用いて数量の大小や特定文字列との一致で判別する方法、「OR」「AND」を用いて複数条件を組み合わせる方法などがあります。詳細は以降で具体的に解説していきます。

COUNTIF関数の使い方・使用例

COUNTIF関数の使い方を、もう少し汎用的な使用例を用いて説明します。ここでは例として、テストの点数のデータを用いて、平均点以上の人の数を集計します。

STEP.1
まず画像のようなデータを準備しましょう。平均点と、平均点以上の人数を表示する欄も作成します。

COUNTIF関数の使い方・使用例

STEP.2
平均点のセルには平均を求めるAVERAGE関数を使い「=AVERAGE(C3:C10)」と入力しましょう。

COUNTIF関数の使い方・使用例

STEP.3
平均点以上の人数のセルには「=COUNTIF(C3:C10,”>=”&C12)」と入力します。このように条件設定の中にセル参照を使用しておけば、セルの数値を変更するだけで集計する閾値(条件となる数値)を変更することができます。

COUNTIF関数の使い方・使用例

STEP.4
これで平均点以上の人数がカウントされました。以上で操作は完了です。

COUNTIF関数の使い方・使用例

エクセルのCOUNTIF関数で検索条件を設定する方法

エクセルのCOUNTIF関数でポイントとなるのは検索条件の設定の仕方です。この条件設定の正しい記述方法を知っていると、適用したい場面にピッタリ当てはまるCOUNTIF関数が作成できます。

文字列を使用する場合に知っておくと便利なワイルドカードの使い方や、数量を扱う時に頻繁に使用する比較演算子を説明していきます。

  • COUNTIF関数の検索条件が文字列の場合はワイルドカードを使う
  • COUNTIF関数の検索条件が数字の場合は比較演算子を使う

COUNTIF関数の検索条件が文字列の場合はワイルドカードを使う

ワイルドカードとは、任意の文字を指示するための特殊な文字記号のことです。セル内の文字列に完全には一致しないけれども、一部含まれる文字列を指定したい時などに使用されます。

ワイルドカードの種類には、任意の文字列を代替するアスタリスク「*」と、任意の一文字を代替するクエスチョン「?」がありますのでそれぞれ使い方をみていきましょう。

STEP.1
まずは「?」の使い方です。名簿の中から、ある一文字+「田」の組み合わせの名前「〇田」を探して数をカウントします。ワイルドカード「?」を使用して、「=COUNTIF(B2:B10,”?田”)」と入力すればOKです。

COUNTIF関数の検索条件が文字列の場合はワイルドカードを使う

STEP.2
次に「*」の使い方です。名簿の中から「田」を含む名前を探して数をカウントします。ワイルドカード「*」を「田」の前後に使用して、「=COUNTIF(B2:B10,”*田*”)」と入力すればOKです。

COUNTIF関数の検索条件が文字列の場合はワイルドカードを使う

ワイルドカードで使用される記号自体を検索の対象にしたい場合は、前後をチルダ「~」で挟んで「”~*~”」と記述すればOKです。「*」を「*」、「?」を「?」といったように半角から全角に置換して取り扱う方法もあります。

COUNTIF関数の検索条件が数字の場合は比較演算子を使う

比較演算子とは2つの式や値の比較を行い、結果を返すものです。算数や数学でも使用する記号が出てくるので比較的馴染みやすいでしょう。

数量を扱う場面でよく使用しますが、等しい・等しくないを指定する「=」「<>」は文字列に対しても使用できます。

比較演算子 意味 使用例 説明
= 等しい “=5” 5という数とまったく等しい場合に使用します。
<> 等しくない “<>5” 5という数と等しくない場合に使用します。
> 大きい “>5” 5よりも大きい数の場合に使用します。5は含みません。
< 小さい “<5” 5よりも小さい数の場合に使用します。5は含みません。
>= 以上 “>=5” 5以上の大きい数の場合に使用します。5を含みます。
<= 以下 “<=5” 5以下の小さい数の場合に使用します。5を含みます。

ここでは、通信販売の口コミ評価データを元に評価の点数分布を調べる例をもとに比較演算子の使い方をみていきましょう。

STEP.1
画像のようなデータを用意しましょう。評価の点数ごとにカウントした数を表示する欄も作成します。

COUNTIF関数の検索条件が数字の場合は比較演算子を使う

STEP.2
作成した欄にCOUNTIF関数を入力していきます。それぞれの評価点数にピッタリ一致するセルの数を数えるので、イコールの比較演算子を使って「=COUNTIF(C5:C11,”=1″)」というように記述します。他の評価の欄にも「=COUNTIF(C5:C11,”=2″)」「=COUNTIF(C5:C11,”=3″)」と関数を入れていきましょう。

COUNTIF関数の検索条件が数字の場合は比較演算子を使う

STEP.3
これで各点数をつけた人数の分布が作成できました。以上で操作は完了です。

COUNTIF関数の検索条件が数字の場合は比較演算子を使う

後ほど説明する複数条件指定で「〇〇以上〇〇未満」を満たす数をカウントすれば度数分布表を作成することができます。

エクセルのCOUNTIF関数で複数条件を指定する方法

複数の条件をエクセルのCOUNTIF関数で指定することができます。

「OR」「AND」といったベン図で示される集合の概念を用いると、「条件Aまたは条件B」や「条件Aかつ条件B」などの複数の条件を組み合わせた高度な条件を設定することができます。

複数ある条件の少なくとも1つを満たす場合や、全ての条件を満たす場合など状況に応じて使い分けましょう。

  • COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する方法
  • COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する方法

COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する場合、2つの条件をそれぞれCOUNTIF関数で足し合わせます。「AND」と異なる概念ですのでしっかりと中身を理解しましょう。

STEP.1
画像のような年齢情報が記載されているデータを準備しましょう。ここでは18歳以下または65歳以上の人数をカウントします。

COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する方法

STEP.2
合計の人数を表示する欄に、「=COUNTIF(B3:B13,”<=18″)+COUNTIF(B3:B13,”>=65″)」と入力しましょう。それぞれの関数で18歳以下の人数と65歳以上の人数を求め足し合わせています。

COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する方法

STEP.3
「Enter」キーを押しましょう。これで18歳以下または65歳以上の人数をカウントできました。以上で操作は完了です。

COUNTIF関数で複数条件を「OR」で指定する方法

ここでは数値の例を紹介しましたが、「OR」の概念は文字列に対しても使用できます。例えば「男・女・それ以外・不明」といった性別の項目で「男または女の人数」をカウントすることができます。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

次はCOUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法です。AND関数の使い方と一緒にみていきましょう。ここでは国語と算数のテストで、どちらも80点以上だった生徒の人数をカウントします。

STEP.1
画像のようなデータを用意しましょう。また、設定したい条件を満たすか否かを表示する欄とカウントした人数を表示する欄を作成しましょう。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

STEP.2
作成した欄にAND関数を入力していきます。例では「=AND(C3>=80,D3>=80)」と入力しましょう。「C3>=80」の箇所は国語のテストが80点以上を満たす、「D3>=80」の箇所は算数のテストが80点以上を満たすという意味になり、この2つの条件をAND関数で同時に満たすよう指定します。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

STEP.3
オートフィル機能を使って残りのセルにも関数を入力しましょう。設定した2つの条件を同時に満たす場合は「TRUE」、満たさない場合は「FALSE」と表示されます。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

STEP.4
最後にCOUNTIF関数を使って「TRUE」と表示されたセルの数を数えましょう。「=COUNTIF(,”=TRUE”)」と入力します。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

STEP.5
これで国語と算数の両方のテストで80点以上とった生徒の数を数えることができました。以上で操作は完了です。

COUNTIF関数で複数条件を「AND」で指定する方法

エクセルのCOUNTIF関数に関する応用

これまでエクセルのCOUNTIF関数を使用するための基本を説明してきました。最後に応用編として、COUNTIF関数に似たCOUNTIFS関数とDCOUNT関数について解説しますのでどのような関数かみていきましょう。

  • COUNTIFS関数で複数条件を指定する方法
  • DCOUNT関数で条件に合うセルを数える方法

COUNTIFS関数で複数条件を指定する方法

COUNTIFS関数は複数条件を指定する時に使用する関数です。複数の各条件はAND条件とみなされますので、指定した条件全てを満たすものがカウントされます。ここでは先ほどAND関数の項で紹介したテストの例をCOUNTOIFS関数で実行してみましょう。

STEP.1
画像のようなデータを用意しましょう。また国語と算数の両方で80点以上とった人数を表示する欄も作成してください。

COUNTIFS関数で複数条件を指定する方法

STEP.2
作成した欄に「=COUNTIFS(C3:C10,”>=80″,D3:D10,”>=80″)」と入力しましょう。「C3:C10,”>=80″」は国語が80点以上、D3:D10,”>=80″は算数が80点以上という条件指定になっています。

COUNTIFS関数で複数条件を指定する方法

STEP.3
「Enter」キーを押しましょう。これで国語と算数の両方で80点以上とった人数をカウントすることができました。以上で操作は完了です。

COUNTIFS関数で複数条件を指定する方法

DCOUNT関数で条件に合うセルを数える方法

DCOUNT関数は条件に合うセルを数えるための関数です。COUNTIF関数との違い、条件がいくつあっても1つのセル範囲として指定することができるため複雑な条件でもシンプルに記述することがでます。

STEP.1
ここでも国語と算数のテストの例を使用しましょう。画像のようなデータを準備します。また条件は別のセルにまとめて記載しましょう。

DCOUNT関数で条件に合うセルを数える方法

STEP.2
両方のテストで80点以上をとった人数を表示する欄に、DCOUNT関数を入力します。DCOUNT関数の構文は「=DCOUNT(データベース, フィールド(省略可), 条件)」ですので、例では「=DCOUNT(B2:D10,,F2:G3)」となります。(フィールドは省略)

DCOUNT関数で条件に合うセルを数える方法

STEP.3
「Enter」キーを押しましょう。これで国語と算数の両方で80点以上とった人数をカウントすることができました。以上で操作は完了です。

DCOUNT関数で条件に合うセルを数える方法

エクセルのCOUNTIF関数について改めておさらい

ある条件を満たす要素の数をカウントするには、エクセルのCOUNTIF関数を使用すると便利です。条件を指定する時に比較演算子やワイルドカードを使うと、幅広い条件を設定できるようになり適用できる場面が増えるでしょう。

「OR」「AND」の概念を使えば複数の条件を組み合わせて更に複雑な条件を設定できるようになります。現場に合わせた実用的な関数を作成するためにも、ぜひこれらの使い方を覚えてみてください。