リテラアップダウンロード

エクセル⇔CSVの変換方法|文字化けの原因・対応方法も紹介

エクセル⇔CSVの変換方法

エクセルファイルとCSVファイルの変換方法を解説します。使っている文字コードによっては変換する時に文字化けして元の内容が失われる可能性があります。

この記事では文字化けの原因や、その対応方法についても紹介します。エクセルファイルやCSVファイルをよく使用する方は、ぜひ内容をしっかり理解して対策しましょう。

エクセルとCSVの違いは?

エクセルもCSVも、どちらもMicrosoft社が提供する表計算ソフト「エクセル」のファイルです。拡張子が違うこれらのファイル、最も大きな違いは互換性や装飾・機能性です。

CSVファイルは互換性が高く、データベースソフトやメモ帳、科学領域の専門的なソフトなどほとんどのソフトで読み込みや編集することが可能です。

一方エクセルファイルは装飾の自由度が高く、セルに色を付けたり表をグラフにしたりできます。また関数やプログラミング機能を用いて高度なシステムを構築することも可能です。

どちらも機能が特化されているため、目的に応じて使い分けられます。また、それぞれのファイルを他方のファイルに変換して使用することもあります。ここではその変換について詳しく説明していきます。

エクセルをCSVに変換する方法

まずはエクセルファイルをCSVファイルに変換する方法です。

STEP.1
変換したいエクセルファイルを開きましょう。エクセルの画面左上にある「ファイル」タブを左クリックします。

エクセルをCSVに変換する方法

STEP.2
画面左側のメニューから「コピーを保存」を選択しましょう。

エクセルをCSVに変換する方法

STEP.3
右側に保存の設定画面が出てきます。ファイル名の下に拡張子を選択する欄がありますので、右側の矢印アイコンを左クリックしましょう。プルダウンメニューから「CSV(コンマ区切り)(*.csv)」を選んで保存ボタンを押しましょう。これで拡張子がcsvとなり、CSVファイルに変換され保存されます。以上で操作は完了です。

エクセルをCSVに変換する方法

CSVでの保存には文字コードUTF-8で保存する方法もありますので、次章で紹介します。

エクセルをCSVへ文字コードUTF-8で保存する方法

エクセルファイルをCSVファイルへ文字コードUTF-8で保存する方法です。

手順は、先ほど解説した「CSVファイルへの変換方法」で出てきた拡張子の選択を変更するだけです。

「CSV(コンマ区切り)(*.csv)」ではなく「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」を選択し保存ボタンを押しましょう。これで文字コードUTF-8でCSVファイルに変換することができます。

エクセルをCSVへ文字コードUTF-8で保存する方法

CSVをエクセルに変換する方法

CSVファイルをエクセルに変換する方法です。基本的なやり方は、エクセルファイルをCSVファイルに変換する手順と同じになります。

STEP.1
CSVファイルをダブルクリックします。もしエクセル以外のアプリケーションで開かれてしまう場合は、ファイルのアイコン上で右クリックしてメニューの「プログラムから開く(H)」→「Excel」の順でファイルをエクセルで開きましょう。

CSVをエクセルに変換する方法

STEP.2
エクセルの画面左上の「ファイル」タブから「名前をつけて保存」に進みます。

CSVをエクセルに変換する方法

STEP.3
右側の保存設定画面で、拡張子を選ぶ時に「Excelブック(*xlsx)」を選び保存ボタンを押しましょう。必要に応じてマクロが有効なものや、バイナリブック、97-2003ブックなどを選んでもOKです。以上で操作は完了です。

CSVをエクセルに変換する方法

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

文字化けの原因は、そのデータが作成された環境とデータを開いた状況が異なることが一因です。

今回はエクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開くための対策を1つご紹介します。

STEP.1
まず、CSVファイルのアイコン上で右クリックして右クリックメニューを開きます。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.2
メニューの中から「プログラムから開く(H)」を選びましょう。続けて「メモ帳」を選択します。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.3
「ファイル(F)」から「名前を付けて保存(A)」に進みます。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.4
拡張子は「テキスト文章(*.txt)」を選び、「文字コード(E)」を「UTF-8」に変更して保存ボタンを押しましょう。これでテキストファイルが作成されました。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.5
次にこのテキストファイルをエクセルで開きます。「ファイル」タブの「開く」を選択しましょう。「参照」を左クリックして先ほど保存したテキストファイルを選択して開くボタンを押します。表示されない場合は拡張子を「すべてのファイル(*.*)」に変更しましょう。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.6
テキストファイルウィザードが開きますので、データのファイル形式をご自身のファイルに応じて設定していきます。例では「コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」を選んでいます。設定したら「次へ(N)」を押しましょう。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.7
区切り文字を選択します。例では「タブ(I)」と「コンマ(C)」を選択しています。設定したら「次へ(N)」を押しましょう。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.8
最後に列のデータ形式を選択します。文字列や日付のデータの場合は設定を変更してください。全て終わったら「完了(E)」を押します。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

STEP.9
これで文字化けすることなくCSVファイルを開くことができました。以上で操作は完了です。

エクセルで文字化けさせずにCSVファイルを開く方法

エクセル⇔CSVの変換方法を改めておさらい

エクセルファイルとCSVファイルの変換方法を紹介しました。どちらもMicrosoft社で提供するエクセルソフトのファイルですが、それぞれ特徴があり特化した拡張子であることが分かりました。

互いのファイルに変換する時によく文字化けが起きます。その際に一度.txtの拡張子(UTF-8)で保存してからエクセルで開くことがポイントです。エクセルとCSVのどちらのファイルもよく使用する方は、ぜひやり方を覚えておきましょう。