リテラアップダウンロード

エクセルで矢印を挿入する方法|種類の選択や色・形の編集方法も!

エクセルで矢印を挿入する方法

エクセルで矢印を挿入する方法をご紹介します。矢印は文字や図形、グラフなどで強調したり注釈を入れたりする時に役立ちます。

矢印には複数種類あり、色や形をアレンジすることも可能です。強調したい部分が隠れてしまわないよう種類やサイズに気をつけましょう。

この記事では矢印の細かな編集方法も解説していますので、ぜひ参考にしながら思い通りの矢印を作成してみてください。

エクセルの矢印(図形)の種類

エクセルの矢印(図形)には矢印の棒が線状のものと、矢印全体がブロックタイプのブロック矢印に分けられます。更にブロック矢印は複数の形状が選択可能です。

エクセルの矢印(図形)の種類

  • 直線矢印…矢印の棒の部分が直線になっているもの
  • 円弧矢印…矢印の棒の部分がカーブを描いているもの
  • 交差矢印…矢印の棒の部分が交差しているもの
  • 吹き出し矢印…吹き出しに矢印がついているもの

それぞれ図形の調整ハンドルを操作することで見た目が大きく変わりますので、望む形状になるように各ハンドルを動かして調整してみましょう。

エクセルで矢印(図形)を挿入する方法

エクセルで矢印(図形)を挿入する方法です。線でもブロック矢印でもやり方は同じです。

STEP.1
「挿入タブ」から「図」→「図形」→「線」(またはブロック矢印)と進みましょう。

エクセルで矢印(図形)を挿入する方法

STEP.2
カーソルが十字マークに変化するので、左クリックしたまま任意の方向にドラッグして矢印を作成しましょう。矢印の先端を配置したい場所で指を離せばOKです。

以上で操作は完了です。

エクセルで矢印(図形)を挿入する方法

エクセルで矢印(図形)を編集する方法

エクセルで矢印(図形)を挿入した後に、より細かく調整するための編集方法を解説します。セルや図表などを変更した時に、あわせて修正できるようやり方を覚えておきましょう。

  • 矢印をまっすぐ引く方法
  • 矢印を曲げる(曲線にする)方法
  • 矢印をコの字に引く方法
  • 矢印を反転する方法
  • 矢印をセルの真ん中に配置する方法
  • コネクタ(カギ線矢印)を引く方法

矢印をまっすぐ引く方法

矢印をまっすぐに、水平や垂直に引く方法です。

矢印を挿入する直前に「Shift」キーを押しましょう。キーを押し続けたまま矢印を作成します。このときカーソルを左右方向に動かせば水平に、上下に動かせば垂直に矢印を引くことができます。

矢印をまっすぐ引く方法

矢印を曲げる(曲線にする)方法

矢印を曲げる(曲線にする)方法です。

STEP.1
まずは先に曲線を作成します。「挿入」タブから「図」→「図形」→「線」の中にある「曲線」と順に進みましょう。

矢印を曲げる(曲線にする)方法

STEP.2
左クリックすると線の作成が開始します。マウスから指を離して任意の方向に線を伸ばしましょう。曲げたいポイントで左クリック、矢印の終点としたいポイントでダブルクリックをします。曲げるポイントは何個作成してもOKです。

矢印を曲げる(曲線にする)方法

STEP.3
線が引けたら先端の矢印の形状を作成します。線上で右クリックをし、「図形の書式設定(O)」を選びましょう。画面右側に設定画面が現れますので「終点矢印の種類(E)」のアイコンをクリックして矢印を設定しましょう。

矢印を曲げる(曲線にする)方法

必要に応じて矢印のサイズを調整すれば、曲がる矢印の完成です。以上で操作は完了です。

矢印を曲げる(曲線にする)方法

矢印をコの字に引く方法

フリーフォームを使って矢印をコの字に引く方法です。

STEP.1
まず「挿入」タブから「図」→「図形」→「線」の中にある「フリーフォーム」と順に進みましょう。

矢印をコの字に引く方法

STEP.2
「Shift」キーを押しながら線を引いていきます。線を引くときはマウスから指を離し、曲げたいポイントで再度左クリックを押しましょう。この間「Shift」キーはずっと押したままにしてください。終点にきたらダブルクリックしましょう。

矢印をコの字に引く方法

STEP.3
線が引けたら先端の矢印の形状を作成します。先ほどと同様にまず線上で右クリックをし、「図形の書式設定(O)」を選びましょう。画面右側に設定画面が現れますので「終点矢印の種類(E)」のアイコンをクリックして矢印を設定しましょう。

矢印をコの字に引く方法

これで「コの字」型の矢印が作成できました。以上で操作は完了です。

矢印をコの字に引く方法

矢印を反転する方法

矢印を反転させる方法です。

STEP.1
矢印を左クリックして選択すると画面の右上に「図形の書式」タブが現れます。

矢印を反転する方法

STEP.2
タブの中から「配置」→「回転のアイコン」→「左右反転」を選択しましょう。

矢印を反転する方法

これで矢印の向きが反転しました。以上で操作は完了です。

矢印を反転する方法

矢印をセルの真ん中に配置する方法

矢印をセルの真ん中(上下のセルの真ん中)に配置するには「Alt」キーを押しながら矢印の図形を移動させましょう。セルの水平な枠線と矢印の線がピッタリ重なって配置されます。

矢印をセルの真ん中に配置する方法

コネクタ(カギ線矢印)を引く方法

「挿入」タブから「図」→「図形」→「線」と進み、コネクタ(カギ線矢印)を選びましょう。図形を左クリックしてそのままドラッグし、繋ぎたい図形のところで手を離せばOKです。

コネクタ(カギ線矢印)を引く方法

エクセルで図形以外で矢印を挿入する方法

エクセルでは図形以外の機能を使っても矢印を挿入することが可能です。ここでは罫線で矢印を表現する方法記号を使って文字列として表現する方法の2つを紹介しますので参考にしてください。

  • 罫線で矢印を表現する方法
  • セルに文字列の矢印を入力する方法

罫線で矢印を表現する方法

罫線で矢印を表現するやり方を説明します。下罫線と斜線をうまく利用して矢印の各パーツを作成していくユニークな方法になります。

STEP.1
まず矢印の棒線を引きたい箇所の上のセルを2つ以上選択します。

罫線で矢印を表現する方法

STEP.2
「ホーム」タブの「罫線」から「下罫線(O)」を選びましょう。矢印の棒線ができました。

罫線で矢印を表現する方法

STEP.3
次に先ほど作成した棒線の両端のどちらかに矢印の先端を作成します。まずは矢印の上半分を作成したいセルを選択します。

罫線で矢印を表現する方法

STEP.4
「ホーム」タブの「罫線」から「その他の罫線(O)」を選びましょう。設定画面から右肩下がりの斜線を選択しOKボタンを押してください。

罫線で矢印を表現する方法

STEP.5
これで上半分の矢印が完成しました。

罫線で矢印を表現する方法

STEP.6
下半分も上半分と同様に、「その他の罫線」を利用して斜線を引きましょう。これで罫線を利用して矢印の形を表現できました。以上で操作は完了です。

罫線で矢印を表現する方法

セルに文字列の矢印を入力する方法

最後はセルに文字列の矢印を入力する方法を説明します。こちらはエクセルに限らずワードやパワーポイントなど様々なオフィスソフトやメールの文章中でも活用できますので覚えておきましょう。

STEP.1
「ひだり」と打ち込んで変換ボタンを押します。すると「←」をはじめ、たくさんの種類の矢印の形状が選択肢として現れます。

セルに文字列の矢印を入力する方法

STEP.2
「みぎ」と打ち込んで変換ボタンを押します。するとこちらも「→」をはじめ、たくさんの種類の矢印の形状が選択肢として現れます。

セルに文字列の矢印を入力する方法

STEP.3
「うえ」と打ち込んだ時も同様です。変換ボタンを押すと「↑」などの矢印が現れます。

セルに文字列の矢印を入力する方法

STEP.4
「した」と打ち込んだ時も同様です。変換ボタンを押すと「↓」などの矢印が現れます。

セルに文字列の矢印を入力する方法

STEP.5
「やじるし」と打ち込むと、左右上下の方向に加えて両端に矢印のついた記号が現れます。

セルに文字列の矢印を入力する方法

※ご使用されているIMEソフトによっては、これらの変換で現れない可能性もありますのでご注意ください。

エクセルで矢印を挿入する方法を改めておさらい

エクセルで矢印を挿入する方法をご紹介しました。文章の一部やグラフのある箇所を強調したい時などに矢印を使用すると効果的です。

今回解説した矢印を反転させたり曲線にしたりするための小技は、覚えておくと役に立つでしょう。

思い通りの矢印を引こうとすると意外とうまくいかなくて手こずることがあります。そんな時はこの記事を参考にしながら、効率よく整った矢印を作成してみてください。