リテラアップダウンロード

エクセルで表を挿入する方法|別シートやワードに貼り付ける方法も!

エクセルで表を挿入する方法

エクセルで表を挿入する方法を解説します。エクセルはマス目が整っていて、計算機能も充実していることからデータを表に整理するのに向いています。

この記事では見やすい表を簡単に作成するための方法や、作成した表を別シートやワードに貼り付ける方法も説明しています。

分かりやすい図表の作成は、どのようなビジネスに欠かせません。ぜひこの記事を参考にしながら、見栄えのよい表の作り方を覚えましょう。

エクセルのシートに表を挿入する方法

エクセルのシートに、テーブル機能を用いて表を挿入する方法です。

STEP.1
「挿入」タブの中にある「テーブル」アイコンを選びましょう。設定画面が開いたらテーブルに変換するデータ範囲を指定するため上矢印「↑」のアイコンを左クリックします。

エクセルのシートに表を挿入する方法

STEP.2
表を作成したいセルの範囲を全て選択してください。選択できたら下矢印「↓」のアイコンを左クリックしましょう。元の設定画面に戻りますので「OK」ボタンを押します。

エクセルのシートに表を挿入する方法

STEP.3
これでテーブル機能を持った表が挿入されました。タイトルやデータを入力すれば簡単に集計や検索ができます。以上で操作は完了です。

エクセルのシートに表を挿入する方法

エクセルの表に行列を挿入する方法

エクセルの表に行列を挿入する方法です。

STEP.1
挿入したい行の下のセルや挿入した列の右のセルを全て選択して右クリックをしましょう。

エクセルの表に行列を挿入する方法

STEP.2
メニューが開いたら「挿入(I)」を選択してテーブルの行、またはテーブルの列の挿入を選んでください。

エクセルの表に行列を挿入する方法

STEP.3
これで表に行列が挿入できました。

例では4行目に新しい行が挿入されています。以上で操作は完了です。

エクセルの表に行列を挿入する方法

エクセルの表を図として挿入する方法

エクセルの表を図として挿入する方法です。

複数の列を含む表を、図として取り扱うためレイアウトが崩れることがありません。表の内容を固定したい場合には、図として用いると便利です。

STEP.1
図に変換したい表を全て選択します。

エクセルの表を図として挿入する方法

STEP.2
「ホーム」タブにある「クリップボード」の「コピー」のアイコンを左クリックしましょう。メニューが開いたら「図としてコピー(P)」を選んでください。

エクセルの表を図として挿入する方法

STEP.3
設定画面が開いたら「画面に合わせる(S)」と「ピクチャ(I)」をチェックして「OK」ボタンを押してください。

エクセルの表を図として挿入する方法

STEP.4
表を貼り付けたいセルを選択しましょう。「ホーム」タブにある「クリップボード」の「貼り付け」アイコンを左クリックしましょう。

エクセルの表を図として挿入する方法

STEP.5
これで表が図として挿入されました。以上で操作は完了です。

エクセルの表を図として挿入する方法

エクセルで挿入した表を別シートに貼り付ける方法

エクセルで挿入した表を別シートに貼り付ける方法です。

図に変換したい表を全て選択したら右クリックをしてメニューを開き「コピー(C)」を選びましょう。

エクセルで挿入した表を別シートに貼り付ける方法

別シートの表を挿入したセルを選択して再度右クリックをしましょう。メニューから「貼り付けのオプション」の「元の書式を保持」を選びましょう。

エクセルで挿入した表を別シートに貼り付ける方法

これで別シートに表を貼り付けることができました。

エクセルで挿入した表をワードに貼り付ける方法

エクセルで挿入した表をワードに貼り付ける方法です。ワードの表機能が使いづらい場合は、エクセルで表だけ作成してワードに貼り付けましょう。

先ほどと同様、変換したい表を全て選択したら右クリックをしてメニューを開き「コピー(C)」を選びます。

エクセルで挿入した表をワードに貼り付ける方法

ワードを開き、表を挿入したい箇所にカーソルを合わせます。右クリックしてメニューから目的に応じて「貼り付けのオプション」を選んでください。

エクセルで挿入した表をワードに貼り付ける方法

例では、図のレイアウトを維持したいので「図(U)」を選んでいます。
これでワードに表を貼り付けることができました。

エクセルで挿入した表をワードに貼り付ける方法

エクセルで表を挿入する方法について改めておさらい

エクセルで表を簡単に作成したり、作成した表を別シートやワードに挿入する方法をご紹介しました。

大量の数値データはエクセルで処理することが多いため、表もそのままエクセルで作成することが多いでしょう。他のソフトに貼り付ける時に、レイアウトが崩れないよう図として取り扱うと便利です。

この記事を参考にしながら、表の挿入の基本を覚えましょう。