リテラアップダウンロード

エクセルのスクロールロック設定・解除方法|ショートカットキーも

エクセルのスクロールロック

エクセルのスクロールロックの設定方法を解説します。スクロールロックは容易にオン・オフの切り替えができるので、意図せずに設定されてしまう場合もあります。そのような時は解除方法も載せているので、一度手順を確認してみましょう。

効率化に有効なショートカットキーも紹介していますので、スクロールロックをよく使う人は覚えてみてください。

エクセルのスクロールロックとは

エクセルのスクロールロックとは、マウスを使わずにキーボードでスクロール操作が行えるようにするための機能です。スクロールロックを有効にすると、矢印キーはセルの移動ではなくスクロールになってしまうので注意が必要です。

スクロールロックはスクロールの機能自体をロックするわけではありませんので覚えておきましょう。

エクセルのスクロールロックとは

エクセルのスクロールロック設定状況を確認する方法

エクセルのスクロールロック設定状況を確認する方法です。

開いているブックの画面左下にあるステータスバーを見てみましょう。「ScrollLock」という表示があればスクロールロック機能がオンになっています。こちらの表示がなければスクロールロック機能はオフになっています。

エクセルのスクロールロック設定状況を確認する方法

ただし、設定によっては「ScrollLock」という表示がなくても機能がオンになっていることがあります。

一度ステータスバーを右クリックして出てくる表示を確認してみましょう。「ScrollLock」の項目の横にチェックマークがついていれば、機能がオンの時にステータスバーに表示されます。

エクセルのスクロールロック設定状況を確認する方法

エクセルのスクロールロック設定・解除方法

エクセルのスクロールロックの設定と解除方法について、3種類の方法を紹介します。キーボードのキーやスクリーンボード、ショートカットキーで機能のオンオフを切り替えることが可能です。

  • キーボードのスクロールロックキーで設定・解除する
  • スクリーンキーボードから設定・解除する
  • ショートカットキーで設定・解除する

キーボードのスクロールロックキーで設定・解除する

まずはキーボードのスクロールロックキーで設定・解除する方法です。キーボードの「Scroll Lock」または「ScrLk」と書いてあるキーを押しましょう。これでスクロールロックがオンオフできます。

キーボードのスクロールロックキーで設定・解除する

スクリーンキーボードから設定・解除する

スクリーンキーボードから設定・解除する方法です。Windowsには物理的なキーボードではなく、ソフトウェアで使用するスクリーン キーボード (OSK) と呼ばれるツールが用意されています。

Windowsのアイコンを左クリックし「Windows簡単操作」の項目の中から「スクリーンキーボード」を選択しましょう。

スクリーンキーボードから設定・解除する

画面に現れたスクリーン キーボードの「ScrLk」を押せばスクロールロックの設定・解除が可能です。

スクリーンキーボードから設定・解除する

ショートカットキーで設定・解除する

ショートカットキーを使って設定・解除する方法です。お使いのPCメーカーによって設定されているショートカットキーが異なりますので、下に記載の表から確認しましょう。

メーカー ショートカットキー
HP Fn + C
Lenovo Fn + C
Fn + K
DELL Fn + S
ASUS Fn + End
Dynabook Fn + F12
NEC LAVIE Fn + C

【Q&A】ノートパソコンでスクロールロックキーがない場合は?

ノートパソコンや小さなキーボードを使っている場合、スペースの関係でスクロールロックキーがない場合があります。そのような時は、この記事で紹介したスクリーンキーボードかショートカットキーを使ってスクロールロックのオンオフを切り替えましょう。

特にスクリーンキーボードの起動の仕方を覚えておけば、他のトラブル時にも応用できるのでおすすめです。

エクセルのスクロールロックについておさらい

エクセルのスクロールロックを設定・解除するための方法は主に以下の3つがありました。

  • キーボードの「ScrollLock」または「ScrLk」を使用する
  • 各PCメーカーに対応するショートカットキーを使用する
  • Windowsアプリのスクリーンキーボードの「ScrollLock」または「ScrLk」を使用する

意図せずにスクロールロックを設定してしまっている場合もありますので、慌てずにステータスバーでScrollLockの状態を確認し、有効になっている場合は解除しましょう。