Windows10 スリープのショートカットキー|パソコン作業効率化

windows10,スリープ,ショートカット

この記事では、Windows10でパソコンをスリープ状態にするショートカットキーをご紹介。

マウスでスリープ操作を行う場合、カーソルの移動やメニューの選択など少し面倒ですが、ショートカットキーならキーボードで瞬時に操作できます。

Windows10でパソコンをスリープ状態にするショートカットキーを覚えれば、パソコン作業の効率アップにつながります。

スリープをショートカットキーで行う方法

Windows10でパソコンをスリープ状態にするショートカットキーは「Windows + X」→「U」→「S」です。

操作手順は以下の通りです。

STEP.1
「Windows + X」を押し、アドバンスメニューを開きます。

スリープ,ショートカットキー

スリープ,ショートカット

STEP.2
次に「U」を押してスリープがあるメニューを開きます。

スリープ,ショートカットキー

スリープ,ショートカット

STEP.3
最後に「S」を押すとスリープ状態になります。

スリープ,ショートカットキー

MEMO

上記の他に、デスクトップ上で「Alt + F4」を押してからスリープを実行する方法もあります。

スリープ,ショートカットキー

スリープのショートカットアイコン作成方法

Windows10のデスクトップに、スリープのショートカットアイコンを作成することも可能です。

新しく作ったショートカットアイコンに「スリープ状態にする」と機能を割り当てることで、ショートカットアイコンをクリックするだけでスリープ状態にすることができます。

以下、作成したショートカットアイコンにスリープ機能を割り当てる手順・方法です。

STEP.1
デスクトップで右クリックし、「新規作成」をクリックする。

スリープ,ショートカット

STEP.2
「新規作成」をクリック後、「ショートカット」を選択する。

スリープ,ショートカット

STEP.3
「項目の場所を入力してください(T)」と書いてある下の項目に「rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState 0,1,0」と入力し、「次へ」をクリックする。

スリープ,ショートカット

STEP.4
ショートカットの名前に「スリープ」と入力し、「完了」をクリックする。

スリープ,ショートカット

STEP.5
「スリープ」アイコンがデスクトップに現れたら作成は完了です。

スリープ,ショートカット

スリープを行う際はアイコンをダブルクリックして実行します。

MEMO

アイコンを右クリック後、プロパティからアイコンの変更を行うことが可能です。

電源操作に関する他のショートカットキー

スリープに限らず、シャットダウンなどの他の電源操作もショートカットキーで行えます。

以下では、電源操作に関する他のショートカットキーについて紹介します。

  • シャットダウンのショートカットキー
  • 再起動のショートカットキー
  • ログオフのショートカットキー

シャットダウンのショートカットキー

Windows10でシャットダウンするショートカットキーは「Windows + X」→「U」→「U」です。

その他にもデスクトップで「Alt + F4」からシャットダウンを選択する方法やショートカットアイコンを作成する方法もあります。

再起動のショートカットキー

Windows10を再起動するショートカットキーは「Windows + X」→「U」→「R」です。

スリープ,ショートカットキー

その他にもデスクトップで「Alt + F4」から再起動を選択する方法やショートカットアイコンを作成する方法もあります。

ログオフのショートカットキー

Windows10をログオフするショートカットキーは「Windows + X」→「U」→「I」です。

スリープ,ショートカットキー

その他にもデスクトップで「Alt + F4」からログオフを選択する方法やショートカットアイコンを作成する方法もあります。

パソコンのスリープはショートカットキーで効率化

スリープ状態にする操作は、ショートカットキーアイコンを作成すれば、面倒なクリック操作が省けるので便利です。

パソコンの電源を付けたまま放置しておくとバッテリー的にもよくありません。スリープのショートカットアイコンを作っておけば、簡単にスリープ状態にすることができ、パソコンのバッテリー寿命を伸ばすことにも繋がります。

今回紹介したスリープなどの電源操作に関するショートカットキーを覚えて、作業効率化を図りましょう。