ファイルやフォルダ、Excelのセルを削除するショートカットキー

削除,ショートカット

今回は、ファイルやフォルダ、Excelのセルを削除するショートカットキーを紹介します。

ファイルやフォルダをマウスでゴミ箱に移動するより、ショートカットキーで削除できた方が作業効率につながります。

Windows・Mac別にショートカットキーを説明しますので、ぜひ参考にしてください。

ファイルやフォルダを完全削除するショートカットキー

ファイルやフォルダを完全に削除するショートカットキーを紹介します。ゴミ箱のデータを毎回削除するのは面倒な方に、便利なショートカットキーです。

注意

本章で紹介するショートカットキーを実行すると、ゴミ箱に削除したデータは残らないため、実行後はデータを復元できません。

  • 【Windows】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー
  • 【Mac】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー
  • 参考:完全削除せずに、ごみ箱に移動するショートカットキー
  • 参考:ごみ箱内のデータを完全削除するショートカットキー

【Windows】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー

Windowsでファイルやフォルダを完全に削除するショートカットキーは「shift + delete」です。

【Windows】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー

ショートカットキーを実行後、「ファイルの削除」のダイアログボックスが表示されます。

削除するデータが合っていることを確認の上「はい」をクリックすると、データは完全に削除されます。ゴミ箱を開いても削除したデータはありません。

【Mac】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー

Macでファイルやフォルダを完全に削除するショートカットキーは「option + command + delete」です。

【Mac】ファイル・フォルダ完全削除のショートカットキー

ファイル・フォルダを指定し、ショートカットキー「option + command + delete」を実行すると、「“(ファイル・フォルダ名)”を削除してもよろしいですか?」のダイアログボックスが表示されます。「削除」をクリックするとファイル・フォルダは完全削除されます。

参考:完全削除せずに、ごみ箱に移動するショートカットキー

Windowsでファイルやフォルダをゴミ箱へ移動するショートカットキーは「delete」です。

完全削除せずに、ごみ箱に移動するショートカットキー

Macでファイルやフォルダをゴミ箱へ移動するショートカットキーは「command + delete」のショートカットキーです。

完全削除せずに、ごみ箱に移動するショートカットキー

上記のショートカットキーはマウス操作による削除と同様で、削除したファイルやフォルダはゴミ箱へ移動されます。データを復元したければ、ゴミ箱からデータを戻すことが可能です。

参考:ごみ箱内のデータを完全削除するショートカットキー

Macでゴミ箱内のデータを完全に削除するショートカットキーは「option + shift + command + delete」または「shift + command + delete」です。「shift + command + delete」の場合、削除を確認するダイアログボックスが表示されます。

ごみ箱内のデータを完全削除するショートカットキー

Windowsについては、ゴミ箱内のデータを完全に削除するショートカットキーは提供されていません。

注意

上記ショートカットキーを実行すると、データを復元できなくなります。実行時は、削除対象のデータを十分に確認するようにしましょう。

Excelの行や列、セルを削除するショートカットキー

Excelの行や列、セルを削除するショートカットキーをご紹介します。不要な行や列、セルを削除したいときにショートカットキーを使用すると、スムーズに削除できます。

  • Excelの行を削除するショートカットキー
  • Excelの列を削除するショートカットキー
  • Excelのセルを削除するショートカットキー
  • Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

Excelの行を削除するショートカットキー

WindowsでExcelの行を削除するショートカットキーは「Ctrl + ー」または「Ctrl + shift + ;」です。

Excelの行を削除するショートカットキー

MacでExcelの行を削除するショートカットキーは「command + ー」です。

Excelの行を削除するショートカットキー

ショートカットキーを実行する流れを説明します。

STEP.1
削除したい行のセルを選択した状態で、ショートカットキーを実行します。下図では、8行目のNo.5の商品を削除します。

Excelの行を削除するショートカットキー

STEP.2
「削除」のダイアログボックスが表示されるので、「行全体」を選択して「OK」をクリックします。

Excelの行を削除するショートカットキー

STEP.3
選択した行が削除されます。下図では、No.5の商品が削除されました。

Excelの行を削除するショートカットキー

Excelの列を削除するショートカットキー

WindowsでExcelの列を削除するショートカットキーは「Alt + H → D → C」です。

Excelの列を削除するショートカットキー

MacでExcelの列を削除するショートカットキーは「command + ー」です。

Excelの列を削除するショートカットキー

Windowsの「Alt + H → D → C」は「Alt」キーを押した状態で、「H」「D」「C」のキーを順番に押します。即時、列が削除されるのでダイアログボックスの操作は不要です。前述の行の削除と同様に、「Ctrl + ー」または「Ctrl + shift + ;」でも列の削除が可能です。

「Ctrl + ー」または「Ctrl + shift + ;」のショートカットキーを実行する流れを説明します。

STEP.1
削除したい列のセルを選択した状態でショートカットキーを実行します。下図では、C列目のメーカー名を削除します。

Excelの列を削除するショートカットキー

STEP.2
「削除」のダイアログボックスが表示されるので、「列全体」を選択して「OK」をクリックします。

Excelの列を削除するショートカットキー

STEP.3
選択した列が削除されます。下図では、メーカ名が削除されました。

Excelの列を削除するショートカットキー

Excelのセルを削除するショートカットキー

WindowsでExcelのセルを削除するショートカットキーは「Ctrl + ー」または「Ctrl + shift + ;」です。

Excelのセルを削除するショートカットキー

MacでExcelのセルを削除するショートカットキーは「command + ー」です。

Excelのセルを削除するショートカットキー

ショートカットキーを実行する流れを説明します。

STEP.1
削除したいセルを選択した状態でショートカットキーを実行します。下図では、セルJ6の「5%」を削除します。

Excelのセルを削除するショートカットキー

STEP.2
「削除」のダイアログボックスが表示されるので、「左方向にシフト」または「上方向にシフト」を選択して「OK」をクリックします。下図では、「上方向にシフト」を選択しました。

Excelのセルを削除するショートカットキー

STEP.3
選択したセルが削除されます。下図では「5%」のセルが削除されて、下のセルが上方向にシフトしました。

Excelのセルを削除するショートカットキー

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

WindowsのExcelで、選択範囲を削除するショートカットキーは「Ctrl + ー」または「Ctrl + shift + ;」です。

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

MacのExcelで、選択範囲を削除するショートカットキーは「command + ー」です。

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

ショートカットキーを実行する流れを説明します。

STEP.1
削除したいセルを選択した状態でショートカットキーを実行します。下図では、セルI5:J6を選択しました。

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

STEP.2
「削除」のダイアログボックスが表示されるので、「左方向にシフト」または「上方向にシフト」を選択して「OK」をクリックします。下図では、「左方向にシフト」を選択しました。

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

STEP.3
選択したセルが削除されます。下図では、右のセルが左方向にシフトしました。

Excelで選択範囲を削除するショートカットキー

ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー

Windows・Mac別に、ブラウザのタブを閉じるショートカットキーを説明します。不要なタブを閉じたいときに、ショートカットキーで素早くタブを閉じられるので、操作時間の短縮になります。

  • 【Windows】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー
  • 【Mac】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー
  • 参考:削除した(閉じた)タブを再度開くショートカットキー

【Windows】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー

Windowsで、Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザのタブを閉じるショートカットキーは「Ctrl + W」です。マウスでタブに移動することなく、スムーズにタブを閉じられます。

【Windows】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー

【Mac】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー

Macでブラウザを閉じるショートカットキーは「command + W」です。不要なタブが開きっぱなしの場合、ショートカットキーでスムーズにタブを閉じましょう。

【Mac】ブラウザのタブを削除(閉じる)ショートカットキー

参考:削除した(閉じた)タブを再度開くショートカットキー

Windowsで閉じたブラウザのタブを再度開くショートカットキーは「Ctrl + shift + T」です。

削除した(閉じた)タブを再度開くショートカットキー

Macで閉じたブラウザのタブを再度開くショートカットキーは「command + shift + T」です。

削除した(閉じた)タブを再度開くショートカットキー

閉じたタブを再度みたいときに素早く表示できるので、便利なショートカットキーです。

ファイルやフォルダ、Excelのセル削除はショートカットキーで効率化

ファイルやフォルダ、Excelのセルを削除するショートカットキーを説明しました。完全削除のコマンドを実行後、データを復元できないので注意して実行する必要があります。

マウス操作だと、複数回クリックする必要があるため面倒です。ショートカットキーならスムーズに削除できて、作業時間の短縮になります。

ショートカットキーで効率よく不要なデータを削除していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。