エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成する方法

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成

Windows10でエクセルのショートカットアイコンを作成する3つの方法を紹介します。デスクトップにショートカットアイコンを作成するメリットも説明します。

一度ショートカットアイコンをデスクトップに作成しておくと、エクセルファイルを開くときに便利です。簡単にショートカットアイコンを作成できるので、ぜひ参考にしてください。

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成するメリット

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成すると、エクセルを起動したいときに、スタートメニューの多数のアプリケーションからエクセルを探す必要はありません。

一度デスクトップにショートカットを作成しておくと、以降はデスクトップからすぐにエクセルを開けるので便利です。

誤ってエクセルのショートカットアイコンを削除しても、エクセルの動作に影響がないため、安心して使えます。再び、エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成すれば、デスクトップから起動できます。

エクセルを起動する手間を省くために、ショートカットアイコンの作成方法を覚えておきましょう。

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成する3つの方法

エクセルのショートカットアイコンを作成する3つの方法を説明します。どの方法も簡単に作成できます。デスクトップからエクセルを起動できるようになるので、紹介する手順をで、ショートカットアイコンを作成してみてください。

  • Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ
  • 「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成
  • エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップしてショートカットを作成する方法を説明します。

STEP.1
デスクトップが見えている状態で、タスクバーの左下にある「スタート」をクリックします。「Windows」キーを押しても同様の操作となります。

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

STEP.2
スタートメニューが表示されるので、アプリケーションからエクセルのアイコンを探します。

アルファベット順に表記されて、「E」の中にエクセルのアイコンがあります。エクセルのバージョンが2013以前の場合、「M」の「Microsoft Office」の中にエクセルのアイコンがあります。

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

STEP.3
「Excel」のアイコンをドラッグしながら、デスクトップまでマウスポインターを移動させます。

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

STEP.4
デスクトップに「Excel」のアイコンと「リンク」の文字が表示されるので、マウスのボタンから指を離します。

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

STEP.5
デスクトップにエクセルのショートカットアイコンが作成されます。以上で完了です。

Windowsメニューからエクセルのアイコンをドラッグ&ドロップ

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに送る方法を説明します。

STEP.1
タスクバーの左下にある「スタート」をクリックします。「Windows」キーを押しても同様の操作となります。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

STEP.2
スタートメニューが表示されるので、アプリケーションからエクセルのアイコンを探します。

アルファベット順に表記されて、「E」の中にエクセルのアイコンがあります。エクセルのバージョンが2013以前の場合、「M」の「Microsoft Office」の中にエクセルのアイコンがあります。「Excel」のアイコンを右クリックします。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

STEP.3
サブメニューが表示されるので、「その他」を選択して「ファイルの場所を開く」をクリックします。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

STEP.4
開いたフォルダの中にある「Excel」のファイルを右クリックします。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

STEP.5
サブメニューが表示されるので「送る」を選択して「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

STEP.6
デスクトップにエクセルのショートカットが作成されます。以上で完了です。

「送る」でデスクトップにショートカットアイコンを作成

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

エクセルのアイコンを右クリックして「ショートカットの作成」を選択する方法を説明します。

STEP.1
タスクバーの左下にある「スタート」をクリックします。「Windows」キーを押しても同様の操作となります。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

STEP.2
スタートメニューが表示されるので、アプリケーションからエクセルのアイコンを探します。

アルファベット順に表記されて、「E」の中にエクセルのアイコンがあります。エクセルのバージョンが2013以前の場合、「M」の「Microsoft Office」の中にエクセルのアイコンがあります。「Excel」のアイコンを右クリックします。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

STEP.3
サブメニューが表示されるので、「その他」を選択して「ファイルの場所を開く」をクリックします。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

STEP.4
開いたフォルダの中にある「Excel」のファイルを右クリックします。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

STEP.5
サブメニューが表示されるので「ショートカットの作成」をクリックします。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

STEP.6
デスクトップにエクセルのショートカットが作成されます。以上で完了です。

エクセルのアイコンを右クリックし「ショートカットの作成」を選択

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成して作業効率化

エクセルのショートカットアイコンをデスクトップに作成する方法を説明しました。一度デスクトップにショートカットを作成すれば、毎回スタートメニューからエクセルを起動する必要はありません。

デスクトップのショートカットアイコンから、すぐにエクセルを開けるようになります。エクセル作業の効率化を図るためにも、デスクトップにショートカットアイコンを作成しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です