Excel内の文字列・値を検索する方法|VLOOKUP関数も紹介

excel-find

Excel(エクセル)内の文字列や値を検索する方法をご紹介します。Excelに用意されている検索機能を使うほか、VLOOKUP関数を使用した方法も解説していきます。

特にVLOOKUP関数を使えば、検索した値を抽出したり、抽出した値を用いて別の仕組みに活用したりできます。この記事を参考にしながら、どのやり方が最適か検討してみてください。

Excelの検索機能でシート上の文字列・値を検索する方法

Excel(エクセル)に備わっている検索機能を使う方法をご紹介します。簡単にシート上にある文字列・値を検索できるので、まずはこれから解説する方法を試してみてください。

  • Excelで文字列や値を検索する方法
  • 範囲を指定して文字列や値を検索する方法
  • あいまい検索(ワイルドカード)の方法

Excelで文字列や値を検索する方法

Excel(エクセル)の文字列・値を検索する方法で、「ホーム」タブの「検索と選択」から検索する方法ショートカットキーを用いて一発で検索する方法の2通りをご紹介します。

「ホーム」タブの「検索と選択」から検索

「ホーム」タブの「検索と選択」から文字列や数値を検索する方法です。

STEP.1
まず「ホーム」タブの中の「編集」から「検索と選択」と書かれた虫眼鏡のアイコンを左クリックしましょう。メニューが開きますので「検索(F)」を選んでください。

「ホーム」タブの「検索と選択」から検索

STEP.2
検索画面が開きますので、「検索」タブにある「検索する文字列(N)」の欄に検索したい文字列や値を入力しましょう。

「ホーム」タブの「検索と選択」から検索

STEP.3
「すべて検索(I)」を押すと下に検索結果が表示され、検索したキーワードが入力されているセルの場所が分かります。以上で操作は完了です。

「ホーム」タブの「検索と選択」から検索

ショートカットキーで検索を起動して検索

ショートカットキーを使って検索画面を起動する方法です。素早く検索ができるので、検索する頻度が高い方におススメの方法となっています。

STEP.1
ショートカットキー「Ctrl」+「F」で検索画面を開きましょう。

ショートカットキーで検索を起動して検索

STEP.2
「検索」タブにある「検索する文字列(N)」の欄に検索したい文字列や値を入力してください。

ショートカットキーで検索を起動して検索

STEP.3
「すべて検索(I)」を押すと下に検索結果が表示され、検索したキーワードが入力されているセルの場所が分かります。以上で操作は完了です。

ショートカットキーで検索を起動して検索

範囲を指定して文字列や値を検索する方法

範囲を指定して文字列や値を検索する方法です。

STEP.1
検索したい範囲のセルを全て選択します。離れたセルは「Ctrl」キーを使って選択しましょう。

範囲を指定して文字列や値を検索する方法

STEP.2
先ほどご紹介した「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開きましょう。「検索する文字列(N)」の欄に検索したい文字列や値を入力し「すべて検索(I)」を押しましょう。

範囲を指定して文字列や値を検索する方法

STEP.3
指定した範囲の中で検索したキーワードと一致するものが表示されます。以上で操作は完了です。

範囲を指定して文字列や値を検索する方法

あいまい検索(ワイルドカード)の方法

今度は検索の仕方で、あいまい検索(ワイルドカード)の使い方についてご説明します。ワイルドカードは一部不明な文字の代わりに利用する代替文字で、検索したいキーワードを正確に思い出せない時などに使用します。

「*(アスタリスク)」を用いて指定することで、下記のような検索が可能です。

入力の仕方 意味
*〇〇 〇〇から始まる文字列
*〇〇* 〇〇を含む文字列
〇〇* 〇〇で終わる文字列
STEP.1
先ほどご紹介した「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開きましょう。

あいまい検索(ワイルドカード)の方法

STEP.2
上記表を参考に検索したい文字列をワイルドカードを用いて入力し、「オプション(I)」を左クリックしてください。

あいまい検索(ワイルドカード)の方法

STEP.3
「セル内容が完全に同一であるものを検索する(O)」にチェックを入れ、「すべて検索(I)」を左クリックしましょう。以上で操作は完了です。

あいまい検索(ワイルドカード)の方法

MEMO

「セル内容が完全に同一であるものを検索する(O)」にチェックを入れないと、入力したキーワードを含むもの全てという条件で検索されてしまいます。せっかくワイルドカードの挿入位置で条件を指定しても無効になってしまいますので注意しましょう。

Excelの検索オプションで条件を設定する方法

Excel(エクセル)の検索オプションで条件を設定して検索する方法です。完全に一致するものやシート・ブック全体で検索する方法、大文字・小文字・全角・半角を区別して検索する方法を解説していきます。

  • 完全一致で検索する方法
  • シート/ブック全体で検索する方法
  • 大文字/小文字で検索する方法
  • 半角/全角で検索する方法

完全一致で検索する方法

キーワードと完全一致するものを検索する方法です。

STEP.1
「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開きましょう。

完全一致で検索する方法

STEP.2
検索したいキーワードを入力し、「オプション(I)」を左クリックしてください。

完全一致で検索する方法

STEP.3
「セル内容が完全に同一であるものを検索する(O)」にチェックを入れ、「すべて検索(I)」を左クリックしましょう。指定した条件と完全に一致するキーワードのみが検索されます。以上で操作は完了です。

完全一致で検索する方法

シート/ブック全体で検索する方法

シートかブック全体を選んで検索する方法です。

STEP.1
「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開きましょう。

シート/ブック全体で検索する方法

STEP.2
検索したいキーワードを入力し、「オプション(I)」を左クリックしてください。

シート/ブック全体で検索する方法

STEP.3
「検索場所(H)」で「シート」か「ブック」のうち好きな方を選び、「すべて検索(I)」を左クリックしましょう。例ではブック全体を検索するため「ブック」を選んでいます。

シート/ブック全体で検索する方法

STEP.4
検索画面の下に検索結果が表示されます。例ではブック全体を検索したため、別シート上にあるキーワードも抽出されていることが分かります。以上で操作は完了です。

シート/ブック全体で検索する方法

大文字/小文字で検索する方法

大文字と小文字を区別して検索する方法です。

STEP.1
「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開き「オプション(I)」を左クリックしてください。

大文字/小文字で検索する方法

STEP.2
検索したいキーワードを入力し、「大文字と小文字を区別する(C)」にチェックを入れて「すべて検索(I)」を左クリックしましょう。

大文字/小文字で検索する方法

STEP.3
検索画面の下に大文字と小文字を区別して検索した結果が表示されます。以上で操作は完了です。

大文字/小文字で検索する方法

半角/全角で検索する方法

半角と全角を区別して検索する方法です。

STEP.1
「ホーム」タブの「検索と選択」から、或いは「Ctrl」+「F」のショートカットキーを用いて検索画面を開き「オプション(I)」を左クリックしてください。

半角/全角で検索する方法

STEP.2
検索したいキーワードを入力し、「半角と全角を区別する(B)」にチェックを入れて「すべて検索(I)」を左クリックしましょう。

半角/全角で検索する方法

STEP.3
検索画面の下に半角と全角を区別して検索した結果が表示されます。以上で操作は完了です。

半角/全角で検索する方法

Excel内の文字列・値をVLOOKUP関数で検索・抽出する方法

Excel(エクセル)内の文字列や値をVLOOKUP関数で検索して抽出する方法をご紹介します。VLOOKUP関数とは、IDや商品Noを入力すると一覧表から関連するデータを検索して抽出してくれる機能を持った関数です。

ビジネスでよく使われる関数なので、ぜひ使い方を覚えて活用してみましょう。ここでは例として、IDを検索するとそのIDの人の年齢を表示させる関数を作成します。

STEP.1
まず簡易なデータベースとして、画像のような表を作成しましょう。

Excel内の文字列・値をVLOOKUP関数で検索・抽出する方法

STEP.2
次に検索したいIDを入力する欄と、年齢を表示する欄を作成します。

Excel内の文字列・値をVLOOKUP関数で検索・抽出する方法

STEP.3
年齢を表示する欄のセルに、VLOOKUP関数を入力します。VLOOKUP関数の構文は「=VLOOKUP(“検索値”, 検索範囲, 列番号, [検索方法])」となっています。引数の意味と入力の仕方は下記の通りです。

  • 「検索値」…検索したいキーワード(例ではID入力欄のセル参照)
  • 「検索範囲」…検索対象のデータベース全体の範囲参照
  • 「列番号」…抽出したい情報(例では年齢)のある列の、データベース内での番数
  • 「検索方法」…完全一致の時のみ抽出する場合は「FALSE」、近似値も抽出する場合は「TRUE」

例では上記に沿って「=VLOOKUP(C15, $B$4:$D$12, 3, FALSE)」と入力しています。

Excel内の文字列・値をVLOOKUP関数で検索・抽出する方法

STEP.4
以上で操作は完了です。試しに入力欄にIDを入力してみましょう。データベースに沿って正しい年齢が表示されればOKです。

Excel内の文字列・値をVLOOKUP関数で検索・抽出する方法

MEMO

検索範囲を入力する際、絶対参照でも相対参照でも問題ありません。しかし相対参照を使用すると、コピー&ペーストで関数を使い回す時に範囲ズレが生じてエラーが発生しやすくなります。絶対参照で書く癖をつけるとよいでしょう。

Excel内の重複する文字列・値を検索する方法

Excel内の重複する文字列や値を検索する方法です。商品やアカウントなどの重複登録がないかといったチェックに用いられることが多いでしょう。重複したセルには色が付きますので、視覚的にも分かりやすくなっています。

STEP.1
まず、検索したい範囲をすべて選択しましょう。

Excel内の重複する文字列・値を検索する方法

STEP.2
「ホーム」タブの「スタイル」にある「条件付き書式」を左クリックしましょう。プルダウンが開くので「セルの強調表示ルール(H)」を選び、更に「重複する値(D)」を選んでください。

Excel内の重複する文字列・値を検索する方法

STEP.3
新たに画面が開くので、重複した値が見つかった時に適用する書式を選んでからOKボタンを押しましょう。

Excel内の重複する文字列・値を検索する方法

STEP.4
重複した値があれば、先ほど設定した書式で強調表示されます。以上で操作は完了です。

Excel内の重複する文字列・値を検索する方法

Excel内の文字列・値を検索する方法を改めておさらい

Excel(エクセル)内の文字列や値を検索する方法について、Excelの機能や詳細な検索方法を多数ご紹介しました。中でもワイルドカードは、Excelだけでなく他のアプリケーションでも共通の概念なので覚えておくとよいでしょう。

検索を頻繁に使用する方は、ショートカットキーを用いて検索画面を一発で開けるようにしておくと、作業効率の向上につながるためおススメです。