Excel セルの結合・解除|ショートカットや文字列の結合も紹介

Excel セルの結合・解除

Excel(エクセル)では、あらかじめ縦横に区切られたセルが存在しますが、隣接するセルの結合や解除を駆使すると、より自由度の高いレイアウトができます。

帳票などの作成に使えるセルの結合・解除の方法をおさらいしてみましょう。

Excelでセルの結合・解除を行う方法

Excel(エクセル)で表を作成していて、コメントを入力する欄など特定のセルだけを広くしたい場合がありますが、セルの高さや列の幅を広げると、他のセルも一緒に広がってしまいます。

そんな時は、「セルの結合」で複数のセルを結合して大きいセルを作れば解決。一度結合したセルを解除することも可能です。

  • セルの結合を行う方法
  • セルの結合を解除する方法

セルの結合を行う方法

実際に、Excel(エクセル)でセルを結合してみましょう。

STEP.1
結合したいセルを範囲選択します。

セルの結合を行う方法

STEP.2
「ホーム」タブの「配置」グループにある「セルを結合して中央揃え」の右の矢印をクリックしてメニューを表示し、「セルの結合」を選択します。

セルの結合を行う方法

STEP.3
セルが結合されて1つのセルになりました。

セルの結合を行う方法

セルの結合を解除する方法

Excel(エクセル)で誤ってセルを結合した場合も、解除を行えば元のセルに戻ります。

STEP.1
結合を解除したいセルを選択します。

セルの結合を解除する方法

STEP.2
「ホーム」タブの「配置」グループにある「セルを結合して中央揃え」の右の矢印をクリックしてメニューを表示し、「セル結合の解除」を選択します。

セルの結合を解除する方法

STEP.3
セルの結合が解除されました。

セルの結合を解除する方法

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

Excel(エクセル)でセルの結合をより簡単な手順で行うには、クイックアクセスツールバーにセルの結合のショートカットを作成しておくと便利です。

クイックアクセスツールバーは、通常Excelのウインドウの左上にあります。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

見当たらない場合は、リボンの下に移動しているかもしれません。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

表示位置は、クイックアクセスツールバーの右端にある矢印をクリックして、「リボンの下に表示」(下にある時は『リボンの上に表示』)を選択すると切り替わります。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

クイックアクセスツールバーにセルの結合のショートカットを作成してみましょう。

STEP.1
「ホーム」タブの「配置」グループにある「セルを結合して中央揃え」の右の矢印をクリックしてメニューを表示します。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

STEP.2
「セルの結合」を右クリックして、「クイックアクセスツールバーに追加」を選択します。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

STEP.3
クイックアクセスツールバーに「セルの結合」のショートカットが作成されました。

Excelでセルの結合のショートカットを作成する方法

Excelでセルの結合ができない場合に多い原因・対応方法

Excel(エクセル)でセルの結合ができない時は、ブックの共有が設定されているか、書式がテーブルになっていることが原因の場合が多いです。

それぞれの対応方法を確認してみましょう。

  • 「ブックの共有」が設定されている
  • 「テーブル」が設定されている

「ブックの共有」が設定されている

複数人でExcelファイルを編集したい時に便利な「ブックの共有」ですが、共有されたExcelファイルではセルの結合ができません。セルを結合したい時は、ブックの共有を解除する必要があります。

共有を解除すると他のユーザーが編集できなくなってしまいますので、解除する際は他にブックを開いている人がいないか確認してから行ってください。

STEP.1
「セルを結合して中央揃え」がグレーアウトしていてセルが結合できません。このファイルは、ファイル名の後に[共有]と表示されており、ブックの共有が設定されていることが分かります。

「ブックの共有」が設定されている

STEP.2
共有を解除するには、「校閲」タブの「保護」グループにある「ブックの共有を解除」をクリックします。

「ブックの共有」が設定されている

STEP.3
ブックの共有が解除され、「セルを結合して中央揃え」が有効になりました。

「ブックの共有」が設定されている

「テーブル」が設定されている

Excel表に「テーブル」書式が設定されている場合もセルの結合ができません。

この場合は、テーブルの書式を解除する必要があります。

STEP.1
表にテーブルの書式が設定されています。「セルを結合して中央揃え」がグレーアウトしています。

「テーブル」が設定されている

STEP.2
表の中のセルを選択し、「テーブルデザイン」タブの「ツール」グループにある「範囲に変換」をクリックします。

「テーブル」が設定されている

STEP.3
「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」というメッセージが出たら、「はい」をクリックします。

「テーブル」が設定されている

STEP.4
テーブルが解除され、「セルを結合して中央揃え」が有効になりました。

「テーブル」が設定されている

Excelで文字列の結合を行う方法

Excel(エクセル)で、セルの文字列を結合したい場合があります。

文字が入力されている複数のセルを結合すると、結合後のセルには一つのセルの文字だけしか残りません。

文字列を結合したい場合はセルを結合するのではなく、演算子や関数を使って文字列を繋げます。

  • 「&」演算子で文字列を結合する方法
  • CONCATENATE関数で文字列を結合する方法
  • CONCAT関数で文字列を結合する方法

「&」演算子で文字列を結合する方法

Excelで複数のセルに入力された文字列を結合するには、「&」演算子を使う方法があります。結合したい文字列のセル番地を「&」で繋げていくだけのシンプルな操作で文字列を結合できます。

STEP.1
結合後の文字列を入力したいセルに「=」を入力します。

「&」演算子で文字列を結合する方法

STEP.2
1つめのセルを選択してから、「&」を入力します。

「&」演算子で文字列を結合する方法

STEP.3
2つめのセルを選択します。

「&」演算子で文字列を結合する方法

STEP.4
「Enter」キーを押すと文字列が結合されます。

「&」演算子で文字列を結合する方法

CONCATENATE関数で文字列を結合する方法

CONCATENATE関数も文字列の結合に役立ちます。

CONCATENATE関数では、結合したい文字列のセル番地を「,」(カンマ)で区切って繋げていきます。

STEP.1
結合後の文字列を入力したいセルに「=CONCATENATE(」を入力します。

CONCATENATE関数で文字列を結合する方法

STEP.2
結合したい文字列が入ったセルを「,」で区切って選択していきます。

CONCATENATE関数で文字列を結合する方法

STEP.3
「)」を入力して数式を閉じ、「Enter」キーを押すと文字列が結合されます。

CONCATENATE関数で文字列を結合する方法

CONCAT関数で文字列を結合する方法

文字列を結合する関数をもう一つ紹介します。

CONCAT関数は、CONCATENATE関数のように結合したい文字列が入ったセル番地を「,」で区切って繋げることができ、さらにドラッグして範囲選択することもできます。

結合したい文字列が多い場合に便利です。

STEP.1
結合後の文字列を入力したいセルに「=CONCAT (」を入力します。

CONCAT関数で文字列を結合する方法

STEP.2
結合したい文字列が入ったセルをドラッグして範囲選択します。

CONCAT関数で文字列を結合する方法

STEP.3
「)」を入力して数式を閉じ、「Enter」キーを押すと文字列が結合されます。

CONCAT関数で文字列を結合する方法

Excelのセルの結合・解除方法を改めておさらい

Excel(エクセル)で帳票やチラシなどを作成するときには、セルの結合を使うと、項目によって大きさを変えたり、タイトルを目立たせたりと、より効果的なレイアウトを組むことができます。

セルの結合・解除を使いこなして、さまざまなシーンでExcelを活用してください。