リテラアップダウンロード

エクセルで掛け算する方法|関数やまとめて計算、掛ける数の固定も解説

エクセルで掛け算する方法

エクセルで表計算を行う時に使用する機会の多い「掛け算」。ただ数字同士を掛けるだけではなく、エクセルでは計算結果の数値を四捨五入したり、合計したりといった処理も組み合わせることが可能です。

この記事ではエクセルで掛け算をする様々な方法を紹介します。

エクセルで掛け算をアスタリスク(*)記号で行う方法

掛け算の式は「4×7」のように「×」を使って表しますが、パソコンでは「×」の代わりに「アスタリスク(*)」を使います。

エクセルでは「=」を入力してから数式を入力すると計算が行われます。

「アスタリスク(*)」を使った掛け算の構文は、「4×7」の計算をエクセル上で行いたい場合「=4*7」となります。

STEP.1
セルに「=」を入力します。

エクセルで掛け算をアスタリスク(*)記号で行う方法

STEP.2
掛け算したいセル(1つめ)を選択してから、「*」を入力します。

エクセルで掛け算をアスタリスク(*)記号で行う方法

STEP.3
掛け算したいセル(2つめ)を選択して、「Enter」キーを押します。

エクセルで掛け算をアスタリスク(*)記号で行う方法

STEP.4
セルに計算結果が返されます。

エクセルで掛け算をアスタリスク(*)記号で行う方法

エクセルで掛け算を関数で行う方法

エクセルでは「アスタリスク(*)」を使う以外に、関数を使って掛け算する方法もあります。

関数は掛け算以外に集計や端数処理も組み合わせて行うことができ、複雑なデータ集計作業にも適しています。

  • PRODUCT関数で掛け算する方法
  • SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

PRODUCT関数で掛け算する方法

PRODUCT関数は、数値の積を求めるための関数です。

PRODUCT関数では掛けるセルを範囲選択でき、最大255個まで指定できます。

PRODUCT関数の構文は「=PRODUCT(数値1,数値2,…)」です。

STEP.1
空白セルに「=PRODUCT(」と入力します。

PRODUCT関数で掛け算する方法

STEP.2
掛け算したいセルを選択します。「Ctrl」を押しながら複数選択したり、ドラッグして範囲選択もできます。

▼複数選択した場合

PRODUCT関数で掛け算する方法

▼範囲選択した場合

PRODUCT関数で掛け算する方法

STEP.3
セルを選択し終えたら「)」を入力して関数を閉じ、「Enter」キーを押すと計算結果が返されます。

PRODUCT関数で掛け算する方法

SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

エクセルには「掛け算」と「積の足し算」を同時に行う関数があるのをご存じでしょうか。

SUMPRODUCT関数では、掛け算の積の合計を出すことができます。

この関数を使えば、行ごとに小計を出して最後にSUM関数で足す、といった手順を一度で処理することができます。

SUMPRODUCT関数の構文は「=SUMPRODUCT(範囲1,範囲2,…)」です。

STEP.1
空白セルに「=SUMPRODUCT(」と入力します。

SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

STEP.2
掛け算したい範囲を選択します。2つめ以降は「Ctrl」を押しながら範囲選択すると自動的に半角カンマで区切られます。

この例では、B2:B4を範囲選択後、Ctrlを押しながらC2:C4を選択しています。範囲は最大255個まで指定可能です。

SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

STEP.3
範囲を選択し終えたら「)」を入力して関数を閉じ、「Enter」キーを押すと計算結果が返されます。

SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

積の合計が表示されました。

SUMPRODUCT関数で掛け算の積を合計する方法

エクセルの掛け算に関するその他の方法

ここからは応用編です。エクセルで掛け算をする時に便利な機能を紹介します。

  • オートフィル機能でまとめて掛け算する方法
  • 掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)
  • 掛け算の積を関数で四捨五入する方法
  • 掛け算の積を関数で切り上げ、切り捨てする方法

オートフィル機能でまとめて掛け算する方法

「オートフィル」とは、セルに入力されている値を隣接セルに連続で入力する機能で、数式を入れたセルにも利用できます。

STEP.1
1行だけ掛け算の式を入力します。「アスタリスク(*)」でも「PRODUCT関数」でもOKです。

オートフィル機能でまとめて掛け算する方法

STEP.2
「Enter」を押して計算結果が表示されたら、セルを選択して右下の角にマウスカーソルを合わせると、マウスポインタ―がフィルハンドル(+マーク)に変わります。

フィルハンドルをドラッグすると、ドラッグしたセルに数式がコピーされます。

オートフィル機能でまとめて掛け算する方法

掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)

横に並んだ数値を掛け算する場合は、数式を下の行にコピーしても自動的に同じ行のセルを参照してくれます(相対参照)。

一方、掛ける数字を固定したい場合、数式をコピーしただけでは参照するセルがずれてしまってうまくいきません。

数式の参照先を固定したい場合は「絶対参照」を使います。

絶対参照の表記方法は、参照するセルの列番号と行番号の前に「$」を付けます。手入力しなくても、セルを選んで「F4」キーを押すと絶対参照に変換することができます。

STEP.1
セルに「=」を入力して、掛け算したいセル(1つめ)を選択してから、「*」を入力します。

掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)

STEP.2
掛け算したいセル(2つめ)を選択します。このセルを固定します。

掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)

STEP.3
「F4」キーを押すと、列番号と行番号の前に「$」が付き、セルが絶対参照に変わります。

掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)

STEP.4
「Enter」を押すと計算結果が表示されます。この数式をオートフィルでコピーしても、2つめのセルの参照先は固定されています。

掛け算で掛けるセルの数値を固定する方法(絶対参照)

掛け算の積を関数で四捨五入する方法

エクセルで四捨五入を行う「ROUND関数」を使うと、掛け算の計算結果を四捨五入することができます。

先ほど小数点以下が出てしまった税込金額を四捨五入してみましょう。

▼「=ROUND(D2*$J$2,0)」

掛け算の積を関数で四捨五入する方法

四捨五入して整数になりました。

掛け算の積を関数で四捨五入する方法

MEMO
ROUND関数の最後の「0」は四捨五入する桁を示しています。

  • -1:一の位を四捨五入する
  • 0:小数第一位を四捨五入する(整数にする)
  • 1:小数第二位を四捨五入する

掛け算の積を関数で切り上げ、切り捨てする方法

切り上げ、切り捨ての処理を行う関数は「ROUNDUP」「ROUNDDOWN」です。

ROUND関数と同じく、()の中に掛け算の式と端数処理を行う桁を指定します。

▼A2*B2の積の小数第一位を切り上げる場合

=ROUNDUP(A2*B2,0)

掛け算の積を関数で切り上げ、切り捨てする方法

▼A2*B2の積の小数第一位を切り捨てる場合

=ROUNDDOWN(A2*B2,0)

掛け算の積を関数で切り上げ、切り捨てする方法

エクセルの掛け算ができない(エラー)の原因・対処方法

エクセルで掛け算ができないエラーについて解説します。セルの値に原因がある場合が多いので、まずは入力値を確認してみることをお勧めします。

  • ケース1. セルの値に文字列が含まれている
  • ケース2. 実際にはセルの数値に小数点が含まれている

ケース1. セルの値に文字列が含まれている

数式の参照先に文字が入力されていると、「#VALUE!」というエラーになります。このエラーが表示されたら、参照先の値を確認して、数値に修正します。

セルの値に文字列が含まれている

計算結果ではなく数式が表示される場合は、セルの書式設定が「文字列」になっています。

セルの値に文字列が含まれている

ケース2. 実際にはセルの数値に小数点が含まれている

エクセルに表示されている値と計算結果が違う場合、セルの値に小数点以下が含まれていることが原因かもしれません。

エクセルでは、「セルの書式設定」で表示桁数を変えることができます。

小数点以下を表示しない設定になっていると、小数を入力しても見た目上は整数になってしまいます。しかし、計算は本来の値(小数)で行われるため、計算結果と合わなくなるのです。

例1ではA2セルが小数点以下を表示しない書式になっているため、見た目上は計算結果がおかしくなっていますが、セルにカーソルを合わせると小数点以下があることが確認できます。

実際にはセルの数値に小数点が含まれている

エクセルで掛け算する方法を覚えて作業効率を高めよう

エクセルで掛け算をする方法を紹介しました。

エクセルでは、個々の数値を掛けるだけではなく、積を合計したり、関数を組み合わせて計算結果を端数処理したりと、複数の処理を同時に行うことが可能です。データ集計を行う際にはぜひ活用してみてください。