Macの強制終了ショートカットキー【アプリ/パソコン本体】

Macの強制終了ショートカットキー

Macの強制終了を行うショートカットキーを紹介します。ショートカットキーで強制終了する方法を覚えておくと、アプリやパソコン本体がフリーズしたときに、スムーズに強制終了してパソコンが使える状態にできます。

アプリ・パソコン本体別に強制終了するショートカットキーや、Dock、アクティビティモニタから強制終了する方法を説明しますので、ぜひ参考にしてください。

Macのアプリを強制終了するショートカットキーとその他の方法

Macのアプリを強制終了するショートカットキーやDock、アクティビティモニタ、ターミナルコマンドから強制終了する方法を説明します。

アプリが固まって操作できなくなったときに、強制終了は有効的な方法です。スムーズに強制終了するために、ショートカットキーを覚えておきましょう。

  • Macのアプリを強制終了するショートカットキー
  • Dockからアプリを強制終了する方法
  • アクティビティモニタからアプリを強制終了する方法
  • ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

Macのアプリを強制終了するショートカットキー

Macのアプリの動作が遅くなったりフリーズしたりしたら、まずはアプリを通常終了するショートカットキー「command + Q」を試します。

Macのアプリを強制終了するショートカットキー

「command + Q」でアプリが終了しなかった場合、次に実行するショートカットキーは「command + option + esc」です。

Macのアプリを強制終了するショートカットキー

上記はアプリを強制終了するショートカットキーです。「command + option + esc」のショートカットキーを実行後、下図の画面が表示されるので、強制終了するアプリを選択して「強制終了」のボタンをクリックします。

Macのアプリを強制終了するショートカットキー

それでもアプリを強制終了できない場合は、「command + option + shift + esc」のショートカットキーを数秒間長押しで実行します。

Macのアプリを強制終了するショートカットキー

ショートカットキー「command + option + shift + esc」は、最前面のアプリを強制終了するショートカットキーです。

最初から強制終了のショートカットキーを実行するのではなく、通常終了のショートカットキーから順次試していきましょう。

Dockからアプリを強制終了する方法

Dockからアプリを強制終了する方法を説明します。

Dock上の終了したいアプリを長押し、もしくは右クリックするとメニューが表示されるので、「終了」をクリックします。

Dockからアプリを強制終了する方法

上記の方法で終了しなかった場合、Dock上の終了したいアプリで「option + 右クリック」を押すと、メニューに「強制終了」が表示されます。「強制終了」をクリックして、アプリを終了させます。

Dockからアプリを強制終了する方法

アクティビティモニタからアプリを強制終了する方法

アクティビティモニタからアプリを強制終了する方法を説明します。アクティビティモニタとは、アプリのプロセスのリソース使用状況を確認できるツールです。

STEP.1
アクティビティモニタで、終了するアプリを選択して、左上の「×」ボタンを選択します。

アクティビティモニタからアプリを強制終了する方法

STEP.2
強制終了のダイアログボックスが表示されるので、「強制終了」ボタンを選択します。以上で完了です。

アクティビティモニタからアプリを強制終了する方法

アクティビティモニタは、Finder の「アプリケーション」ー「ユーティリティ」フォルダから起動できます。

ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

ターミナルでコマンドを打ち込み、アプリを強制終了する方法を説明します。

STEP.1
Finder の「アプリケーション」ー「ユーティリティ」からターミナルを起動します。

ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

STEP.2
ターミナルで「top」と入力して、「Enter」キーを押します。

ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

STEP.3
「top」の表示結果の「COMMAND」列から終了したいアプリを見つけて、アプリのPID(Process ID)の番号を確認します。

ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

STEP.4
「kill PID」を入力して、「Enter」キーを押します。ここでは「kill 728」と入力して、PIDが728のアプリを強制終了しました。以上で完了です。

ターミナルでコマンドを打ち込みアプリを強制終了する方法

Mac本体を強制終了するショートカットキーとその他の方法

Mac本体を強制終了するショートカットキーと、ショートカットキー以外の方法を説明します。アプリの強制停止ではパソコンが正常に戻らない場合は、Mac本体を強制停止する必要があります。

Mac本体が正常に動作しないときスムーズに終了できるように、Mac本体の強制終了の方法を覚えておきましょう。

  • Mac本体を強制終了するショートカットキー
  • 電源ボタンを長押ししてMac本体を強制終了する方法

Mac本体を強制終了するショートカットキー

Mac本体の強制終了をショートカットで行う場合は、「command + control + 電源ボタン」のショートカットキーを使用します。

Mac本体を強制終了するショートカットキー

Mac本体が停止するまで、上記ショートカットキーを数秒間長押しすると、強制再起動が行われます。

強制終了のショートカットキーは提供されていません。Mac本体を強制終了する場合は、電源ボタンを長押しして停止する必要があります。Mac本体の強制終了の詳細は、次節で説明します。

電源ボタンを長押ししてMac本体を強制終了する方法

強制再起動するショートカットキーを実行しても反応しない場合や、そもそも操作の反応が全くない場合は、電源ボタンから強制終了するしか方法はありません。

キーボードの右上の電源ボタンを数秒間長押しして、Mac本体を強制終了します。

Macでアプリやパソコン本体を強制終了する前の注意点

Macでアプリやパソコン本体の強制終了は、安全な停止方法ではありません。アプリやパソコン本体を強制終了すると、保存していないデータ消失のリスクがあります。

強制終了する前にデータ保存の操作ができる状況ではないと思われますが、未保存の内容を把握しておくのが望ましいです。可能な限り、HDDへの書き込み中(HDDの動作音がある状態)の強制終了は控えておきましょう。

通常の終了方法で停止できることが最善です。アプリやMac本体の通常の終了方法から順番に試していきましょう。電源ボタンを長押しによる強制終了は、最後の手段です。

Macの強制終了はショートカットキーで効率化

Macを強制終了するショートカットキーを説明しました。アプリやMac本体がフリーズしてパソコン操作ができなくなると、業務に支障がでます。

パソコン操作に支障がでたときの対処を覚えておくのは、作業の効率化につながります。迅速にパソコンを復旧して業務を再開するためにも、ショートカットキーでスムーズに強制終了するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です