操作を戻し過ぎた時、逆に進むショートカット|Windows・Mac

進む,ショートカットキー

ドキュメントや画像の編集中に操作を誤った時は「undo」(元に戻す)が便利ですが、間違っていないのに戻してしまったり、必要以上に戻し過ぎてしまったりすることがあります。

そんな時は慌てずに、戻し過ぎた操作を逆に進めるショートカットキーを試してみてください。

「Ctrl + Z」「Command + Z」で戻しすぎた時、逆に進むショートカットキー

直前の操作を取り消して操作前に戻す処理は「undo」(元に戻す)と呼ばれます。それに対して、先へ進む処理は「redo」(やり直し)となります。

今回は、「redo」のショートカットキーを紹介します。

  • 【Windows】進むショートカットキー
  • 【Mac】進むショートカットキー
  • Google Chromeなどブラウザの進むショートカットキー
  • illustratorで前の操作に進むショートカットキー

【Windows】進むショートカットキー

Windowsで操作を前に戻す「undo」のショートカットキーは「Ctrl + Z」です。

また、戻した操作を逆に進める「redo」のショートカットキーは「Ctrl + Y」です。「undo」と同様に、1回押すたびに操作を1つずつ進めます。

windows,進む,ショートカットキー

【Mac】進むショートカットキー

Macで操作を前に戻す「undo」のショートカットキーは「Command + Z」です。

また、戻した操作を進める「redo」のショートカットキーは「Command + Shift + Z」です。

mac,進む,ショートカットキー

ただし、バージョンによって「Command + Shift + Z」で「進む」を実行できない場合があります。その場合には「Command + Y」を試してみてください。

mac,進む,ショートカットキー

Google Chromeなどブラウザの進むショートカットキー

Google ChromeなどのWebブラウザでも、ページの「戻る」「進む」をショートカットキーで操作できます。使用する矢印キーは、ブラウザの「戻る」「進む」ボタンの矢印の方向と同じです。

Windows

  • 戻る:「Alt + ←」
  • 進む:「Alt + →」

windows,ブラウザ,進む,ショートカットキー

Mac

  • 戻る:「Command + ←」
  • 進む:「Command + →」

mac,ブラウザ,進む,ショートカットキー

illustratorで前の操作に進むショートカットキー

illustratorでも「戻る」「進む」をショートカットキーで操作できます。

Windows

  • 戻る:「Ctrl + Z」
  • 進む:「Ctrl + Y」

windows,illustrator,進む,ショートカットキー

Mac

  • 戻る:「Command + Z」
  • 進む:「Command + Shift + Z」

mac,illustrator,進む,ショートカットキー

戻しすぎた時、逆に進む操作はショートカットキーで効率化

処理を誤ったらショートカットキーを使用して元に戻すことができるのと同様、戻し過ぎた場合にも逆に進むショートカットキーでやり直すことができます。

頻繁に使う操作はショートカットキーを使用することで、作業ストレスを軽減させ時間を短縮することができます。

本記事で紹介したショートカットキーを活用し、業務の効率化につなげてみてください。