Windows10 ファイル名を指定して実行をショートカットで表示

ファイル名を指定して実行をショートカットで表示

今回は、Windows10でショートカットキーを使って「ファイル名を指定して実行」を表示する方法をご紹介します。「ファイル名を指定して実行」を表示すると、アプリやシステムのプログラム、ファイルやフォルダなどを簡単に開けるようになります。

「ファイル名を指定して実行」では、パソコンの環境を確認するためのプログラムを表示することも可能です。そのため、パソコンの不具合などでサポートを受けるときにもよく使用します。

「ファイル名を指定して実行」とは【使い方】

「ファイル名を指定して実行」とは、スタートボタンやエクスプローラーを使うことなく、目的のプログラムを実行したり、特定のフォルダやファイルを開いたりすることができるWindowsのシステムツールです。

たとえば、「電卓」アプリが開きたいときは、「ファイル名を指定して実行」で電卓アプリを表すコマンド「calc」を入力し、「OK」を選択します。

なお、「ファイル名を指定して実行」を使うことで、次のような操作ができます。

  • 「コマンド」を入力し、アプリやシステム関連のプログラムを起動する
  • 保存先を含めた「パス」を入力し、フォルダやファイルを開く
  • 「URL」を入力し、Webページを開く

「ファイル名を指定して実行」のショートカット操作

「ファイル名を指定して実行」は、ショートカットキーを使って簡単に開くことができます。

さらに、クイックアクセスメニューやタスクバーの検索ボックスからも開くことができます。

  • 「ファイル名を指定して実行」をショートカットで表示
  • 「ファイル名を指定して実行」をショートカット以外で表示
  • 「ファイル名を指定して実行」ダイアログのショートカットを作成

「ファイル名を指定して実行」をショートカットで表示

「ファイル名を指定して実行」をショートカットで表示

「ファイル名を指定して実行」を開くショートカットキーは「Windows + R」です。「Windows + R」を押すと、スタートボタン付近に「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。

「ファイル名を指定して実行」をショートカットで表示

また、ショートカットキー「Windows + X」を押し、表示されたクイックアクセスメニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択しても表示することができます。

「ファイル名を指定して実行」をショートカットで表示

なお、アプリやファイルを表示せず「ファイル名を指定して実行」を閉じるときは、「Esc」キーを押します。

「ファイル名を指定して実行」をショートカット以外で表示

ショートカットキー以外で「ファイル名を指定して実行」を開くには、次のような方法があります。

  • タスクバーの検索ボックス([ここに入力して検索])に「run」または「ファイル名を指定して実行」と入力する
  • [スタート]ボタンをクリックし、スタートメニューから、「Windowsシステムツール」→「ファイル名を指定して実行」を選択する
  • [スタート]ボタンを右クリックし、クイックアクセスメニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択する

ここでは、タスクバーの検索ボックスから表示する方法をご紹介します。

STEP.1
タスクバーの検索ボックス([ここに入力して検索])をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」をショートカット以外で表示

STEP.2
「run」(または「ファイル名を指定して実行」)と入力し、「Enter」キーを押します。

「ファイル名を指定して実行」をショートカット以外で表示

STEP.3
「ファイル名を指定して実行」が表示されます。

「ファイル名を指定して実行」をショートカット以外で表示

「ファイル名を指定して実行」ダイアログのショートカットを作成

「ファイル名を指定して実行」を簡単に開くには、ショートカットキーを使う以外にショートカットを作成する方法もあります。

「ファイル名を指定して実行」のショートカットは、スタートメニュー内に表示される「ファイル名を指定して実行」を、ショートカットを作成したい場所へドラッグ&ドロップするだけで作成できます。

STEP.1
[スタート]ボタンをクリックします。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログのショートカットを作成

STEP.2
スタートメニューから[Windowsシステムツール]をクリックし、[ファイル名を指定して実行]をドラッグします。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログのショートカットを作成

STEP.3
「ファイル名を指定して実行」のショートカットが作成されます。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログのショートカットを作成

なお、「ファイル名を指定して実行」をスタートやタスクバーにピン留めすることもできます。ショートカットをピン留めしたいときは、[ファイル名を指定して実行]で右クリックして設定します。

「ファイル名を指定して実行」のコマンド一覧

以下では、使用機会が多い「ファイル名を指定して実行」のコマンドを一覧でご紹介します。

コマンド プログラム
calc 電卓
cmd コマンドプロンプト
compmgmt.msc コンピュータの管理
control コントロール
discmgmt.msc ディスクの管理
dxdiag DirectX 診断ツール
eventvwr イベントビューア
excel エクセル
explorer エクスプローラー
fonts フォント
gpedit.msc ローカルグループポリシーエディタ
inetcpl.cpl インターネットオプション(インターネットのプロパティ)
main.cpl マウスのプロパティ
mmc マイクロソフト管理コンソール
msaccess アクセス
msinfo32 システム情報
mspaint ペイント
mstsc リモートデスクトップ
ncpa.cpl ネットワーク接続
notepad メモ帳
osk スクリーンキーボード
outlook アウトルック
powerpnt パワーポイント
powershell パワーシェル
regedit レジストリエディタ
services.msc サービス
taskmgr タスクマネージャー
winver Windowsのバージョン情報
winword ワード
wordpad ワードパッド

「ファイル名を指定して実行」はショートカットで効率化

今回は、「ファイル名を指定して実行」の機能と、「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示するためのショートカットキーについてご紹介しました。

「ファイル名を指定して実行」は、それ自体、使いこなすことで作業効率を上げられるツールです。

ショートカットキーで「ファイル名を指定して実行」をスマートに表示して、日頃の作業の効率化につなげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です