タブ移動のショートカット|Google Chrome・Excel

タブ移動のショートカット

1つのウィンドウ内で、複数のタブを切り替えながら操作できるGoogle Chrome(グーグルクローム)やExcel(エクセル)でタブの移動をショートカットキーで実行する方法をご紹介します。

ショートカットキーでタブを移動できると、操作の流れの中で複数のタブ間で移動する、戻すといった操作が効率的に行え、スムーズに作業できます。

Google Chromeのタブを移動するショートカット

パソコンで複数のWebサイトを閲覧する時に、複数のタブを開くことがあります。現在のタブから別のタブへ移動する際は、ショートカットキーで行えると効率的です。

  • 【Windows】Google Chromeのタブを移動するショートカット
  • 【Mac】Google Chromeのタブを移動するショートカット
  • 参考:Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカット

【Windows】Google Chromeのタブを移動するショートカット

Windowsの場合、Google Chromeで開いているタブを右方向に移動したいときは、ショートカットキー「Ctrl + Tab」を使います。1回押すと右方向に1タブ移動し、開いているタブの右端まで移動したところで「Ctrl + Tab」を押すと、左端のタブに移動します。

【Windows】Google Chromeのタブを移動するショートカット

左方向に移動したいときは、ショートカットキー「Ctrl + Shit + Tab」を使います。1回押すと左方向に1タブ移動し、開いているタブの左端まで移動したところで「Ctrl + Shit + Tab」を押すと右端のタブに移動します。

【Windows】Google Chromeのタブを移動するショートカット

【Mac】Google Chromeのタブを移動するショートカット

Macの場合、Google Chromeで開いているタブを右方向に移動したいときは、ショートカットキー「Control + Tab」を使います。1回押すと右方向に1タブ移動し、開いているタブの右端まで移動したところで「Control + Tab」を押すと左端のタブに移動します。

【Mac】Google Chromeのタブを移動するショートカット

左方向に移動したいときは、ショートカットキー「Control + Shit + Tab」を使います。1回押すと左方向に1タブ移動し、開いているタブの左端まで移動したところで「Control + Shit + Tab」を押すと右端のタブに移動します。

【Mac】Google Chromeのタブを移動するショートカット

参考:Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカット

Google Chromeでは、タブを移動するだけでなく、新しいタブを開いたり、閉じたりする時にもショートカットキーが使えます。また、誤って閉じてしまったタブをショートカットキーで再表示することも可能です。

【Windows】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

Windowsで新しいタブを開くときは、ショートカットキー「Ctrl + T」を使います。「Ctrl + T」を押すと、開いているタブの右端に新しいタブが表示されます。

【Windows】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

また、現在開いているタブを閉じたいときは、ショートカットキー「Ctrl + W」を使います。

【Windows】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

ショートカットキー「Ctrl + Shift + T」を押すと、誤って閉じてしまったタブを再度開くことができます。

【Windows】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

Macで新しいタブを開くときは、ショートカットキー「Command + T」を使います。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

また、現在開いているタブを閉じたいときは、ショートカットキー「Command + W」を使います。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

必要なタブを誤って閉じてしまったときは、ショートカットキー「Command + Shift + T」で再表示できます。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

Excelのタブ(シート)を移動するショートカット

Excelでは、関連する表やグラフをSheet(シート)ごとに管理でき、理論上、シートは1つのファイル内に無限に増やせます。

シート間の移動がショートカットキーでできれば、入力途中でもキーボードから手を放すことなく他のシートを確認できるため便利です。

  • 【Windows】Excelのタブ(シート)を移動するショートカット
  • 【Mac】Excelのタブ(シート)を移動するショートカット
  • 参考:Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカット

【Windows】Excelのタブ(シート)を移動するショートカット

Windowsで開いているExcelのタブを右方向(次のタブ)に移動したいときは、ショートカットキー「Ctrl + PageDown」を使います。1回押すと右方向に1タブ移動します。このショートカットキーでは、開いているタブの右端まで移動できます。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

開いているExcelのタブを左方向(前のタブ)に移動したいときは、ショートカットキー「Ctrl + PageUp」を使います。1回押すと左方向に1タブ移動します。このショートカットキーでは、開いているタブの左端まで移動できます。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

【Mac】Excelのタブ(シート)を移動するショートカット

Macで、開いているExcelのタブを右方向(次のタブ)に移動したいときは、ショートカットキー「Option + →」を使います。1回押すと右方向に1タブ移動します。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

開いているExcelのタブを左方向(前のタブ)に移動したいときは、ショートカットキー「Option + ←」を使います。1回押すと左方向に1タブ移動します。

【Mac】Google Chromeのタブを開く・閉じるショートカットキー

参考:Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカット

Excelでは、新しいタブ(シート)の挿入や不要なタブの削除もショートカットキーで実行できます。

【Windows】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

Windowsで、新しいExcelのタブ(シート)を挿入するときに使うショートカットキーは「Shift + F11」です。

【Windows】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

また、「Alt → I → W」でも挿入できます。なお、新しいタブは、現在開いているタブの左側に挿入されます。

【Windows】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

開いているタブを削除したいときは、ショートカットキー「Alt → E → L」を使います。

【Windows】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカッ

なお、シート内にデータが入力されているときは、「このシートは完全に削除されます。続けますか?」というメッセージが表示されます。削除するときは「Enter」キー、削除したくないときは「Esc」キーを押しましょう。

【Mac】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

Macには、Excelのタブ(シート)を削除するデフォルトのショートカットキーはありません。

しかし、独自のショートカットキーを作成すれば、ショートカットキーで開いているタブを削除できるようになります。

STEP.1
[ツール]から[ショートカットキーのユーザー設定]を選択します。

【Mac】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

STEP.2
「ショートカットキーの割り当て」ウィンドウが開いたら、[ホーム]タブ→[シートの削除]の順で選択します。

【Mac】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

STEP.3
「新しいショートカットキーを押してください:」の項目に任意のショートカットキーを設定(ここでは例として「Command + Delete」を設定)し、[追加]をクリックします。

【Mac】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

STEP.4
「現在のキー:」に設定したショートカットキーが表示されたら、最後に[OK]をクリックすると、ショートカットキーが設定されます。

【Mac】Excelのタブ(シート)を挿入・削除するショートカットキー

タブの移動はショートカットで効率化

ここまでは、Google ChromeやExcelでタブ・シートの移動を行うショートカットキーを紹介してきました。

複数のタブやシートを開いている時、ショートカットキーでタブ・シートを移動できると作業の効率性につながります。

今回紹介したショートカットキーを活用して、パソコン作業の効率化につなげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です