Windows10 仮想デスクトップのショートカットキー【操作別】

仮想デスクトップ,ショートカット

この記事では、Windows10で仮想デスクトップに関するショートカットキーをご紹介。

仮想デスクトップは用途ごとにデスクトップ環境を複製することができ、他の作業環境を削除・非表示することなく並行作業できる便利な機能です。

仮想デスクトップのショートカットキーを覚えれば、パソコン作業の効率アップにつながります。

仮想デスクトップのショートカットキー【操作別一覧】

仮想デスクトップ機能は、パソコンの作業効率化において便利な機能です。

以下では、仮想デスクトップの新規作成や一覧表示などのショートカットキーと各活用方法について紹介します。

  • 仮想デスクトップを新規作成するショートカットキー
  • 仮想デスクトップを一覧表示するショートカットキー
  • 仮想デスクトップを切り替えるショートカットキー
  • 仮想デスクトップを閉じる(削除)ショートカットキー

仮想デスクトップを新規作成するショートカットキー

仮想デスクトップを新規作成するショートカットキーは「Windows + Ctrl + D」です。

仮想デスクトップの新規作成方法は複数ありますが、この方法が一番早く仮想デスクトップを立ち上げることができます。

仮想デスクトップ,ショートカット

仮想デスクトップがショートカットキーで新規作成された状態

仮想デスクトップを一覧表示するショートカットキー

開いている仮想デスクトップを一覧表示するショートカットキーは「Windows + Tab」です。

一覧表示された画面では、仮想デスクトップの切り替えやファイルの移動などを行うことができます。

仮想デスクトップ,ショートカット

仮想デスクトップがショートカットキーで一覧表示された状態

仮想デスクトップを切り替えるショートカットキー

開いている仮想デスクトップを切り替えるショートカットキーは「Windows + Ctrl + →」または「Windows + Ctrl + ←」です。

切り替えるショートカットキーを使うことでスムーズに仮想デスクトップ間の移動ができ、別作業に移行できます。

仮想デスクトップ,ショートカット

PowerPointが開いている仮想デスクトップから、 「Windows + Ctrl + ←」でExelが開いている左の仮想デスクトップへ切り替え

仮想デスクトップ,ショートカット

Exelが開いている仮想デスクトップへ切り替えた状態

仮想デスクトップを閉じる(削除)ショートカットキー

開いている仮想デスクトップを閉じるショートカットキーは「Windows + Ctrl + F4」です。

作業が終わった仮想デスクトップを開いた状態で残しておくと仮想デスクトップ切り替え時に邪魔になるため、定期的にこのショートカットキーを使うことが作業効率化のポイントです。

仮想デスクトップ,ショートカット

仮想デスクトップがショートカットキーで閉じられた状態

MEMO

仮想デスクトップを閉じると、そこで開いていたウィンドウが全て別の仮想デスクトップに移ります。

仮想デスクトップの使い方・メリット

仮想デスクトップとは、1台のパソコンで複数のデスクトップを立ち上げることができる機能です。

並行作業を行っている時に使われることが多く、作業内容ごとにデスクトップを分けて作業できることが特徴です。

先述したショートカットキーを駆使することで、仮想デスクトップ間の切り替えもスムーズに行うことができます。

そのため、他作業に干渉することなく複数の作業を並行できることが効率化に繋がります。

ただし、仮想デスクトップ中にZoom等の画面共有機能をする場合は注意が必要です。

「画面共有」を行った場合、1部の仮想デスクトップのみが共有されるわけではなく、切り替えた先の仮想デスクトップも全て画面共有されます。

そのため、画面共有時は仮想デスクトップも全て関係なく画面共有されることに注意する必要があります。

仮想デスクトップの作成はショートカットキーで効率化

仮想デスクトップは、1台のパソコンで複数のデスクトップを立ち上げて作業を行うことができる便利な機能です。

今回紹介した仮想デスクトップの立ち上げから切り替え、削除のショートカットキーを駆使することで仮想デスクトップ間のやり取りもスムーズに行うことができます。

仮想デスクトップを使う場合はショートカットキーを覚えて作業効率化を図りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です