Windows10 デバイスマネージャーのショートカット表示方法

デバイスマネージャーのショートカット表示方法

Windows10でデバイスマネージャーを表示するショートカットを紹介します。

デバイスマネージャーは、パソコンに接続されている機器を確認したり、不具合を特定したりするために使用する機能です。デバイスマネージャーを開く方法は何通りかありますが、ショートカットを覚えておくと、トラブルが起きた時にスムーズに開くことができます。

Windows10のデバイスマネージャーとは

Windows10のデバイスマネージャーとは、パソコンに接続されている機器の管理を行うための機能です。

「CPU」「HDD/SDD」「マウス」「キーボード」「モニター」「オーディオ」など、パソコンを構成するハードウェアや接続されている機器を「デバイス」と呼びます。

デバイスマネージャーには、現在パソコンに接続されている機器が表示されます。デバイスマネージャーに表示されていなかったり、アイコンに「!」が付いていたりする場合は正常に認識されていません。マウスやキーボードが動かなくなった時などに、まず確認したいのがデバイスマネージャーです。

デバイスマネージャーをショートカットで表示する方法

デバイスマネージャーをショートカットで表示する方法は、「ショートカットキーを使用する方法」と「自分で作成したショートカットから起動する方法」の2つがあります。

  • デバイスマネージャーをショートカットキーで表示
  • デバイスマネージャーのショートカットを作成

デバイスマネージャーをショートカットキーで表示

デバイスマネージャーを起動するショートカットキーは「Windowsキー + X」です。

表示されたメニューの中から「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャーをショートカットキーで表示

デバイスマネージャーのショートカットを作成

デスクトップなどにデバイスマネージャーを起動するためのショートカットアイコンを作成しておけば、アイコンをダブルクリックするだけでデバイスマネージャーを起動することができます。

デバイスマネージャーは、コントロールパネルにあるメニューの一つです。

コントロールパネルのメニューは、そのままデスクトップにドラッグ&ドロップでショートカットを作成できるものもありますが、デバイスマネージャーではこの方法は使えません。そのため、デバイスマネージャーのショートカット作成時にファイルの場所を指定する必要があります。

STEP.1
デスクトップの何もないところで右クリックして、「新規作成」→「ショートカット」を選択します。

デバイスマネージャーのショートカットを作成

STEP.2
ショートカットの作成画面が開きます。「項目の場所を入力してください」欄に”devmgmt.msc”と入力して「次へ」をクリックします。

デバイスマネージャーのショートカットを作成

STEP.3
「このショートカットの名前を入力してください」欄にショートカットの名前を入力します。(例:デバイスマネージャー)

デバイスマネージャーのショートカットを作成

STEP.4
「完了」をクリックするとデスクトップにショートカットアイコンが作成されます。

デバイスマネージャーのショートカットを作成

デバイスマネージャーをショートカット以外で表示する方法

デバイスマネージャーを開く方法はショートカット以外にもあります。ここからは、マウス操作や検索機能からデバイスマネージャーを開く方法を紹介します。

  • コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示
  • タスクバーの検索ボックスからデバイスマネージャーを検索して表示

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

デバイスマネージャーはコントロールパネルの中のメニューから開くこともできます。

以下、手順を説明します。

STEP.1
「スタート」をクリックして、アプリの一覧の「W」の欄から「Windowsシステムツール」を展開し、「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

MEMO

コントロールパネルを開く方法は複数あります。デスクトップにショートカットを作成していたり、スタートメニューやタスクバーにピン留めしている場合はより簡単に開くことができます。

STEP.2
コントロールパネルが開きます。ここからは表示方法によって操作が異なります。

コントロールパネルのウインドウ右上の「表示方法」を確認してから操作を進めてください。

(A)表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」

ウインドウに表示されている項目の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

(B)表示方法が「カテゴリ」

①「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

②「デバイスとプリンター」の中の「デバイスマネージャー」をクリックします。

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

タスクバーの検索ボックスからデバイスマネージャーを検索して表示

デバイスマネージャーをタスクバーの検索ボックスで検索する方法です。他の手順を忘れてしまった場合も、検索すれば簡単にデバイスマネージャーを表示できます。

STEP.1
タスクバーの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力します。
STEP.2
検索結果からデバイスマネージャーを選択します。

コントロールパネルからデバイスマネージャーを表示

デバイスマネージャーの使い方・活用方法

デバイスマネージャーを開くと認識しているデバイスが一覧表示され、各デバイスの不具合の解決に活用できます。

例えば、マウスが動かない時はデバイスマネージャーで以下の点を確認します。

STEP.1
デバイスマネージャーの「マウスとそのほかのポインティングデバイス」の欄を展開します。

お使いのマウスが表示されていない場合は、マウスが認識されていません。USBポートに接続し直したり、電池の交換を行います。

STEP.2
お使いのマウスに「!」が表示されているときは、ドライバーに不具合があります。

「!」が表示されている項目を右クリックして「ドライバーの更新」を選択すると、ドライバーを更新することができます。

そのほか、デバイスの無効化・アンインストールなども行うことができます。

デバイスマネージャーの使い方・活用方法

デバイスマネージャーの表示はショートカットで効率化

パソコンと機器の接続状況や状態を一目で確認できるデバイスマネージャー。普段使う機会はそれほど多くはないかもしれませんが、使いこなせば、デバイス関連のトラブルの原因をつきとめ、自力でスムーズに解決することができる強い味方になります。ショートカットで素早くデバイスマネージャーを開いてトラブルを解決し、業務を効率化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です