Excelのチェックボックスの作り方|大きさの変更や連動方法も紹介

Excelのチェックボックスの作り方

Excel(エクセル)のチェックボックスの作り方をご紹介します。チェックボックスは事務書類などを作成する際によく使われる機能です。作り方を覚えておくと、様々な場面で活躍するでしょう。

この記事では、基本的な作成方法以外にも大きさの変更や連動方法も紹介しています。応用的な使い方をしたい方も参考にしてみてください。

Excelのチェックボックスとは

Excel(エクセル)のチェックボックスとは、アンケートなどで回答者に当てはまるものをいくつか選択してもらう時に使用するものです。選択肢の先頭に四角のマスがあり、該当する項目にチェックなどの印を記入します。

1つの項目しか選択できないラジオボタンと異なり、チェックボックスは該当する複数項目を選択することが可能となっています。

Excelのチェックボックスとは

Excelのチェックボックスの作り方

Excel(エクセル)のチェックボックスの作り方を詳しく説明していきます。通常は表示されていない開発タブを使用しますので、まずは開発タブの表示をする方法から見ていきましょう。

  • 1. 開発タブを表示する
  • 2. 開発タブからチェックボックスを挿入する

1. 開発タブを表示する

まず開発タブを表示する手順をご紹介します。既に開発タブが表示されている方は、次の章から読み進めてください。

STEP.1
「ファイル」タブから「オプション」の項目を探し左クリックしましょう。

Excelのチェックボックスの作り方

STEP.2
オプションの中の「リボンのユーザー設定」を選び、「開発」の項目にチェックを入れましょう。

Excelのチェックボックスの作り方

STEP.3
OKボタンを押せば開発タブが追加されますので確認してみましょう。

Excelのチェックボックスの作り方

2. 開発タブからチェックボックスを挿入する

追加した開発タブからチェックボックスを挿入していきます。

STEP.1
「開発」タブの中にある「コントロール」という項目に進み、「挿入」と書かれたアイコンを左クリックしましょう。

開発タブからチェックボックスを挿入する

STEP.2
表示されたメニューの「フォームコントロール」の中から四角い枠の中にチェックが書かれたチェックボックスのアイコンを左クリックしてください。

開発タブからチェックボックスを挿入する

STEP.3
図形を挿入する時と同様に適当な位置でマウスをドラッグすると、チェックボックスの原型が追加されます。

開発タブからチェックボックスを挿入する

Excelのチェックボックスの編集方法

Excel(エクセル)のチェックボックスのテキストやサイズを調整していきます。1つひな形をつくれば他の選択肢のチェックボックスに使い回せますので、まずは追加した1つのチェックボックスをしっかり編集しましょう。

  • チェックボックスのテキストを編集する方法
  • チェックボックスのコピーする方法
  • チェックボックスの大きさを変更する方法
  • チェックボックスをセルから削除する方法

チェックボックスのテキストを編集する方法

チェックボックスのテキストを編集する方法をご紹介します。

STEP.1
チェックボックスを挿入すると、「テキスト1」といった文字列が自動で入力されます。自動で挿入された文字列のエリアを右クリックしてテキストの編集を選択してください。

チェックボックスのテキストを編集する方法

STEP.2
表示されている文字列を全て削除しましょう。

チェックボックスのテキストを編集する方法

STEP.3
任意の文章に編集してください。文字列が隠れてしまう場合は、ハンドル(外枠にある白い丸)をマウスでドラッグして調整してください。以上で操作は完了です。

チェックボックスのテキストを編集する方法

チェックボックスのコピーする方法

チェックボックスをコピーして使用する方法をご説明します。

STEP.1
チェックボックスを挿入したいセルの中にチェックボックスが収まるようハンドル(外枠)を調整します。

チェックボックスのコピーする方法

STEP.2
チェックボックスがあるセルを選択し、ポインタをセルの右下に持っていきましょう。十字のカーソルが表示されるようにしてください。

チェックボックスのコピーする方法

STEP.3
十字のマークのままマウスを下にドラッグして、オートフィル機能を使ってチェックボックスを必要な数だけコピーしましょう。以上で操作は完了です。

チェックボックスのコピーする方法

チェックボックスの大きさを変更する方法

チェックボックスの大きさを変更するには、最初にチェックボックスを「ActiveXコントロール」で作成する必要があります。作成の仕方から解説していきます。

STEP.1
「開発」タブの中にある「コントロール」という項目に進み、「挿入」と書かれたアイコンを左クリックしてください。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.2
冒頭で説明したフォームコントロールではなく、「ActiveXコントロール」の欄にあるチェックボックスのアイコンを選択しましょう。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.3
図形を挿入する時と同様に適当な位置でマウスをドラッグすると、チェックボックスの原型が追加されます。この時チェックボックスの外枠をセルのサイズより小さめにしておくと後の作業がやりやすくなります。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.4
チェックボックスを右クリックして「コントロールの書式設定」を選択しましょう。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.5
書式設定の画面が開いたら、「プロパティ」タブを左クリックし、「セルに合わせて移動やサイズ変更をする」を選択してください。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.6
チェックボックスを選択し、「図形の書式」タブの中にある「配置」に進み、長方形が2つ上下に並んでいるアイコンを左クリックしましょう。出てきたメニューから「枠線に合わせる(P)」を選択してください。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.7
チェックボックスのハンドル(外枠にある白い丸)を操作し、外枠がセルの大きさにピッタリ合うように調整しましょう。少しハンドルを動かせばセルの枠に重なります。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.8
セルサイズとチェックボックスのサイズが連動するようになりましたので、セルを任意のサイズに調整してください。

チェックボックスの大きさを変更する方法

STEP.9
「開発」タブの「コントロール」にある「デザインモード」と書かれたアイコンを左クリックして元の状態に戻しておきましょう。以上で操作は完了です。

チェックボックスの大きさを変更する方法

チェックボックスをセルから削除する方法

不要なチェックボックスをセルから削除する方法をご紹介します。

STEP.1
チェックボックスを右クリックしてハンドル(外枠にある白い丸)が操作できる状態にしましょう。

チェックボックスをセルから削除する方法

STEP.2
「Del」キーで消去してください。或いは右クリックした時に表示されるメニューから「切り取り」を選んでもOKです。

チェックボックスをセルから削除する方法

STEP.3
これでチェックボックスが消去されました。以上で操作は完了です。

チェックボックスをセルから削除する方法

MEMO

ActiveXコントロールで作成したチェックボックスは「開発」タブにある「デザインモード」にしないと削除できないので注意しましょう。

Excelのチェックボックスの連動方法

Excel(エクセル)のチェックボックスを他の機能と連動させる方法を解説していきます。回答者がチェックをした内容と連動して結果が変わるため、工夫次第で便利なシステムを構築することが出来るでしょう。

  • チェックを入れたら連動して値を取得する方法
  • ​​チェックを入れたら連動して色を変更する方法

チェックを入れたら連動して値を取得する方法

チェックを入れたら連動して値を取得する方法をご紹介します。

ここでは、回答者がチェックボックスにチェックした時に「TRUE」と表示されるように設定していきます。連動するチェックボックスを作成するための基本となりますので、やり方を抑えておきましょう。

STEP.1
チェックボックスを右クリックして「コントロールの書式設定(F)」を選びましょう。

チェックを入れたら連動して値を取得する方法

STEP.2
設定画面が開いたら「コントロール」タブを左クリックしてください。「リンクするセル(L)」に、連動させたいセルを選択しましょう。例ではチェックボックスと文章の右隣にあるセルを選択しています。

チェックを入れたら連動して値を取得する方法

STEP.3
OKを押して、設定したチェックボックスにチェックを入れてみましょう。リンクするセルに設定したセルに「TRUE」と表示され、チェックを外すとFALSE」と表示されます。

この設定はオートフィルでコピーすることができませんので、他のチェックボックスも同様に1つずつ設定していきましょう。

チェックを入れたら連動して値を取得する方法

​​チェックを入れたら連動して色を変更する方法

先ほど設定した値の取得の方法を応用し、チェックすると連動して色を変更するようにします。こちらでは、条件付き書式と組み合わせることでチェックした項目の背景の色を変更する手順をご紹介します。

STEP.1
まず色を変更したいセルを選択します。例では文章の入っているセルを全選択しています。

チェックを入れたら連動して色を変更する方法

STEP.2
「ホーム」タブにある「スタイル」という項目に進み、「条件付き書式」を左クリックしましょう。

チェックを入れたら連動して色を変更する方法

STEP.3
表示されたメニューの中から「新しいルール(N)」を選んでください。

チェックを入れたら連動して色を変更する方法

STEP.4
「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、「次の数式を満たす場合に値を書式設定(O)」の欄に「=(値を取得し連動するように設定したセル)=TRUE」と入力しましょう。例では「=$D2=TRUE」と入力しています。

「書式」を左クリックすると、背景色などの書式を設定することができます。全て設定したらOKボタンを押しましょう。

チェックを入れたら連動して色を変更する方法

STEP.5
これでチェックをした項目のセルの背景色を変更させることができました。以上で操作は完了です。

チェックを入れたら連動して色を変更する方法

MEMO

TRUE,FALSEの表示が気になる場合は、これらの文字色を白に設定して見えなくする方法があります。ただし、誤って回答者がこの欄を削除してしまわないよう注意書きをしておくとよいでしょう。

チェックボックスのチェック数の集計方法

最後に、チェックボックスのチェック数を集計する方法をご紹介します。こちらもチェックに連動して値を取得するセルの設定を応用させた方法になります。COUNTIF関数を組み合わせてチェックの数をカウントします。

STEP.1
まず、チェックの数を表示させる欄を作成しましょう。

チェックボックスのチェック数の集計方法

STEP.2
チェックの数を表示させたいセルに「=COUNTIF(チェックと連動して値を取得するように設定したセル全て,TRUE)」と入力しましょう。

例では「=COUNTIF(D2:D9,TRUE)」と入力しています。D2:D9はD2からD9までのセル全てを指定する方法です。

チェックボックスのチェック数の集計方法

STEP.3
これで入力されたチェックの数に応じて数字が表示されるようになりました。以上で操作は完了です。

チェックボックスのチェック数の集計方法

MEMO

TRUE,FALSEの表示が気になる場合は、これらの文字色を白に設定して見えなくする方法があります。ただし、誤って回答者がこの欄を削除してしまわないよう注意書きをしておくとよいでしょう。

Excelのチェックボックスの作り方を覚えて活用しよう

基本的なExcelのチェックボックスの作り方から、回答者がチェックした項目の数値の集計といった応用的な使い方まで幅広くご紹介しました。

これらのテクニックを使えば、事務書類やアンケートを作成する際に見栄えも使い勝手も良い本格的なフォーマットで作成できるでしょう。工夫次第で汎用性のある使い方ができるのが特徴ですので、ぜひ様々な分野で活用してみてください。