Excel セルの書式設定をショートカットキーで表示する方法

セルの書式設定をショートカットキーで表示

Excel(エクセル)の「セルの書式設定」をショートカットキーで表示する方法を紹介します。セルの書式設定は、Excelの作業で日常的に利用する機能です。

利用頻度が高い「セルの書式設定」をショートカットキーで表示すれば、作業の効率化につながります。Excelの「セルの書式設定」とは何かについて解説した上で、Windows・Mac別に「セルの書式設定」を表示するショートカットキーを紹介します。

Excelの「セルの書式設定」とは

Excelの「セルの書式設定」とは、セルに入力されたデータのフォントや表示形式、セルの罫線や塗りつぶしなどを設定できる機能です。

表示形式 セルに入力されたデータを日付や時刻、文字列などの形式で表示できます。

通貨記号(¥や$)や桁区切りのカンマ(,)の表示、小数点以下の桁数の指定も可能です。

配置 入力されたデータの表示位置(セルの中で左詰め、中央、上詰めなどの位置)を指定できます。

複数のセルを結合(セルを1つにする)したり、入力されたデータの折り返し表示や縮小表示も可能です。

フォント 入力されたデータの書体や色、サイズ、スタイル(標準・斜体・太字)を変更できます。

下線や二重線、取り消し線を引くことも可能です。

罫線 選択したセルの枠に線を引けます。線のスタイル(実線や点線、二重線)や罫線の色の変更も可能です。
塗りつぶし 選択したセルを指定した色やパターン(模様、網掛け)に変更できます。
保護 選択したセルの書式が変更されないようにロックをかけられます。

Excelの「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

Excelの「セルの書式設定」を表示するショートカットキーを紹介します。セルの書式を変更したい場合、ショートカットで行えばマウス操作をすることなく、スムーズに「セルの書式設定」を表示できます。

  • 【Windows】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー
  • 【Mac】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

【Windows】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

Windowsで「セルの書式設定」を表示するショートカットキーは「Ctrl + 1」です。セルを選択した状態で実行します。図形やグラフを選択して上記のショートカットキーを実行すると、選択したオブジェクトの書式設定を開けます。

【Windows】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

【Mac】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

Macで「セルの書式設定」を表示するショートカットキーは「command + 1」です。Windowsと同様に、図形やグラフなどのオブジェクトの書式設定も、上記のショートカットキーで表示できます。

【Mac】「セルの書式設定」を表示するショートカットキー

Excelの「セルの書式設定」でよく使うショートカットキー

Excelの「セルの書式設定」でよく使用する罫線やフォント、配置に関するショートカットキーを紹介します。一発で罫線を引いたり、フォントや配置を変更したりできます。スムーズに書式変更するために、ショートカットキーを覚えておきましょう。

  • 罫線に関するショートカットキー
  • フォントに関するショートカットキー
  • 配置に関するショートカットキー

罫線に関するショートカットキー

Excelのセルに罫線を引いたり、削除したりする操作をショートカットで行う方法を紹介します。ショートカットキーを覚えれば、キーボードのみで罫線の操作が可能です。

操作 ショートカットキー
外側に罫線を引く Windows:「Ctrl + Shift + &」
Mac:「command + option + 0」
格子の罫線を引く Windows:「Alt → H → B → A」
Mac:―
指定したセル範囲の上下左右に罫線を引く ■Windows
上罫線を引く:「Alt → H → B → P」
下罫線を引く:「Alt → H → B → O」
左罫線を引く:「Alt → H → B → L」
右罫線を引く:「Alt → H → B → R」

■Mac
上罫線を引く:「option + command + ↑」
下罫線を引く:「option + command + ↓」
左罫線を引く:「option + command + ←」
右罫線を引く:「option + command + →」

罫線を削除する Windows:「Ctrl + Shift + _ 」
Mac:「command + option + -」

「Ctrl + Shift + &」のように「+」表記のショートカットキーは、キーを同時押しで実行します。「Alt → H → B → A」のように「→」表記のショートカットキーは、順番押しで1つずつキーを押します。

フォントに関するショートカットキー

Excelのセルに、入力されたデータのフォントに関するショートカットキーを紹介します。ショートカットキーで入力されたデータを太字や斜体に変更したり、下線や取り消し線を挿入したりできます。

操作 ショートカットキー
文字を太字にする Windows:「Ctrl + B」または「Ctrl + 2」
Mac:「command + B」
文字を斜体にする Windows:「Ctrl + I」または「Ctrl + 3」
Mac:「command + I」
文字に下線を引く Windows:「Ctrl + U」または「Ctrl + 4」
Mac:「command + U」
文字に取り消し線を引く Windows:「Ctrl + 5」
Mac:「command + Shift + X」

配置に関するショートカットキー

Excelのセルに入力されたデータの配置を変更するショートカットキーを紹介します。ショートカットキーで、入力された文字列や値をセル内の左側に寄せたり、中央に揃えたりすることが可能です。

操作 ショートカットキー
右揃えにする Windows:「Alt → H → R」
Mac:―
左揃えにする Windows:「Alt → H → L → 1」
Mac:「command + L」
中央揃えにする Windows:「Alt → H → A → C」
Mac:「command + E」

Excelの「セルの書式設定」はショートカットキーで効率化

Excelの「セルの書式設定」のショートカットキーを紹介しました。「セルの書式設定」は表示形式や罫線、フォント、塗りつぶしなど日頃からよく使用する機能です。

「セルの書式設定」をショートカットキーで表示させるだけではなく、罫線を引いたり、フォントや配置を変更したりする操作もショートカットできます。日常的に使用するExcelの操作は、ショートカットキーで効率よく作業を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です