Google Chrome キャッシュクリアのショートカットキー

Google Chrome キャッシュクリアのショートカットキー

今回は、Google Chromeのキャッシュクリアをショートカットキーで行う方法を説明します。さらに、ショートカットキー以外のキャッシュクリアの方法や、キャッシュを蓄積しない方法も解説していきます。

キャッシュの蓄積でGoogle Chromeの利用に支障があった場合、スムーズにキャッシュクリアができるようにショートカットキーを覚えておきましょう。

Google Chromeのキャッシュとは

Google Chromeのキャッシュとは、1度アクセスしたWebページの情報を一時的にWebブラウザに保管することで、2回目以降のアクセスではWebページの表示を速くする仕組みのことです。

ただし、キャッシュで作成された一時的なファイル(以降、「キャッシュ」と記載)を蓄積すると、悪影響を及ぼすケースがあります。

不要なファイルが残り続けるので、Webブラウザの動作が遅くなったり、Webサイトの情報が更新されるとキャッシュの情報とずれるので、表示の乱れが生じたりします。

定期的にGoogle Chromeのキャッシュを削除しておきましょう。

Google Chromeのキャッシュクリアのショートカットキー

Windows・Mac別に、Google Chromeのキャッシュクリアを行うショートカットキーを説明します。Webブラウザが重い、Webページの表示の乱れがある場合は、キャッシュクリアを行いましょう。

  • 【Windows】キャッシュクリアのショートカットキー
  • 【Mac】キャッシュクリアのショートカットキー

【Windows】キャッシュクリアのショートカットキー

WindowsでGoogle Chromeのキャッシュクリアを行うショートカットキーは「shift + ctrl + delete」です。

【Windows】キャッシュクリアのショートカットキー

ショートカットキーを押すと「閲覧履歴の削除」の画面が表示されます。

期間をプルダウンから選択して「キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスにチェックを入れます。特段理由がない限り、期間は「全期間」を選択しましょう。

他のチェックボックスにチェックが入っていたら、チェックを外しておいた方が無難です。
他の項目を削除する影響を理解していて、キャッシュと同時に他のデータも削除したい方は、チェックを入れても問題ありません。

「基本設定」と「詳細設定」の両方の設定を確認して、不要な項目のチェックを外しましょう。最後に「データを削除」ボタンを押して完了です。

【Mac】キャッシュクリアのショートカットキー

MacでGoogle Chromeのキャッシュクリアを行うショートカットキーは「shift + command + delete」です。

【Mac】キャッシュクリアのショートカットキー

ショートカットキーを押すと「閲覧履歴の削除」の画面が表示されます。

ショートカットキー以外はWindowsと同様です。期間をプルダウンから選択して「キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスにチェックを入れます。最後に「データを削除」ボタンを押して完了です。

Google Chromeのキャッシュクリアをショートカットキー以外で行う方法

Google Chromeのキャッシュクリアをショートカットキー以外で行う方法を2パターンご紹介します。Webページが重い、Webページの表示の乱れがある場合は、キャッシュクリアを行いましょう。

  • Google Chromeの設定からキャッシュクリア
  • Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリア

Google Chromeの設定からキャッシュクリア

まずは、Google Chromeの設定からキャッシュクリアを行う方法を説明します。

STEP.1
Google Chromeを開いて、右上の「︙」(Google Chromeの設定)ボタンをクリックします。

Google Chromeの設定からキャッシュクリア

STEP.2
サブメニューが表示されるので「その他のツール」を選択して「閲覧履歴を消去」をクリックします。

Google Chromeの設定からキャッシュクリア

STEP.3
「閲覧履歴データの削除」画面が表示されます。画面の上部に「基本設定」タブと「詳細設定」タブがあります。今回はどちらのタブでも変わりません。両方のタブ画面で設定する必要はなく、開いたタブの画面で設定すればOKです。

「期間」をプルダウンから選択します。特段理由がない限り「全期間」を選択しましょう。

Google Chromeの設定からキャッシュクリア

STEP.4
「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。他の選択項目にチェックが入っていて、削除する影響がわからない、データを残しておきたいならチェックを外しておきましょう。

もう1つのタブ(基本設定または詳細設定)を選択して、不要な項目のチェックを外します。最後に「データを削除」をクリックすれば完了です。

Google Chromeの設定からキャッシュクリア

Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリア

Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリアを行う方法を説明します。

デベロッパーツールとは、Google Chromeに標準搭載している開発者向けの検証を行うツールのことです。

STEP.1
Google Chromeを開きます。Google Chrome上で右クリックして「検証」をクリックします。または「F12」キーを押しても同様の操作です。

Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリア

STEP.2
Google Chromeのデベロッパーツールが表示されます。Google Chromeの上部にある更新ボタンを左クリックで長押しをします。

Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリア

STEP.3
サブメニューが表示されるので「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックします。以上で完了です。

Google Chromeのデベロッパーツールからキャッシュクリア

Google Chromeでキャッシュを蓄積させない方法

最後に、Google Chromeでキャッシュを蓄積させない方法を説明します。Google Chromeをシークレットモードで利用すれば、キャッシュは蓄積されません。

シークレットモードでは、履歴やデータ、キャッシュなどが残らない仕組みで動作します。表示がおかしい、ブラウザが重くなったなどの理由で、キャッシュを削除する必要はありません。

ただし、Google Chromeの利用中は、キャッシュなどを保持しています。Google Chromeのウィンドウを全て閉じた時点で、履歴やデータ、キャッシュなどが削除されるので、閉じ忘れに注意しましょう。

ショートカットキーでGoogle Chromeのシークレットモードで起動できます。

以下は、Windows・Mac別のGoogle Chromeでシークレットモードを起動するショートカットキーです。

Windows Ctrl + shift + N
Mac command + shift + N

Google Chromeのキャッシュクリアはショートカットキーで効率化

Google Chromeのキャッシュクリアをショートカットで行う方法を説明しました。ショートカットキー以外の方法もみてきましたが、キャッシュクリアの操作に少し手間がかかります。ショートカットキーならすぐにキャッシュを削除できます。

パソコンが重くなったりWebページの表示が乱れたら、ショートカットキーで効率よくキャッシュクリアをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です