Windows10 新しいフォルダを作成するショートカットキー

新しいフォルダを作成,ショートカットキー

今回は、Windows10でショートカットキーを使って新しいフォルダを作成する方法をご紹介します。

データの紛失や誤った削除、大量の不要なファイルによるハードディスク容量の不足など、パソコン内が整理されていないことで起こる可能性のある問題は、意外に多くあります。

このパソコン内の整理に欠かせないのがフォルダです。ショートカットキーを使って簡単に新しいフォルダが作成できれば、操作の流れの中でスムーズに整理整頓できます。

Windows10で新しいフォルダをショートカットキーで作成

ショートカットキーで新しいフォルダを作成するには、「キーボードのみで作成する」「ショートカットメニューと組み合わせて作成する」の2つの方法があります。状況に応じて、いずれか使いやすい方法を選択しましょう。

  • 新しいフォルダ作成のショートカットキー「Ctrl + Shift + N」
  • 新しいフォルダ作成のショートカットキー「右クリック → X → F」

新しいフォルダ作成のショートカットキー「Ctrl + Shift + N」

新しいフォルダを作成する1つ目のショートカットキーは「Ctrl + Shift + N」です。新しくフォルダを作成したい場所を選択して「Ctrl + Shift + N」を押します。

新しいフォルダ,ショートカットキー

デスクトップの上や既存のフォルダの中はもちろんのこと、WordやExcelなどでファイルを保存するときに表示する「名前を付けて保存」のダイアログボックスでも、ショートカットキーで新しいフォルダを作ることができます。

STEP.1
新しいフォルダを作成したい場所(フォルダ)を選択し、ショートカットキー「Ctrl + Shift + N」を押します。

新しいフォルダ,ショートカット

STEP.2
新しいフォルダが作成されます。

新しいフォルダ,ショートカット

MEMO

Macでは「command + shift + N」のショートカットキーで新しいフォルダを作成できます。

新しいフォルダ,ショートカットキー

新しいフォルダ作成のショートカットキー「右クリック → X → F」

新しいフォルダを作成する2つ目のショートカットキーは「右クリック → X → F」です。新しくフォルダを作成したい場所で右クリックし、「X」キーで「新規作成」を選択して、「F」キーで「フォルダー」を指定します。

新しいフォルダ,ショートカットキー

右クリックしたら、あとは左手でキーを押すだけなので、マウスに手をかけているタイミングで新しいフォルダを作成したいときなどに便利です。

STEP.1
新しいフォルダを作成したい場所(フォルダ)で右クリックします。

新しいフォルダ,ショートカット

STEP.2
新規作成の「X」キー → フォルダの「F」キーの順に押します。

新しいフォルダ,ショートカット

STEP.3
新しいフォルダが作成されます。

新しいフォルダ,ショートカット

Windows10 新しいフォルダの操作に関するショートカットキー

新しいフォルダを作成する以外にも、さまざまなフォルダに対する操作をショートカットキーで行えます。

  • 新しいフォルダの名前を変更するショートカットキー
  • 新しいフォルダを完全削除するショートカットキー
  • フォルダ内のファイルを検索するショートカットキー

新しいフォルダの名前を変更するショートカットキー

新しいフォルダの名前を変更するショートカットキーは「F2」です。フォルダを選択して「F2」キーを押すと、フォルダ名が再入力できるようになります。そのまま新しい名前を入力し、「Enter」キーを押すことで、フォルダの名前が変更されます。

なお、ノートパソコンでは「Fn」キーを組み合わせて押す必要がある場合もあるため、使っているパソコンの仕様を確認してください。

新しいフォルダ,ショートカットキー

また、ショートカットキー「右クリック → M」を使っても名前の変更が可能です。

STEP.1
名前を変更するフォルダを選択します。

新しいフォルダ,名前の変更,ショートカット

STEP.2
ショートカットキー「F2」を押します。

新しいフォルダ,名前の変更,ショートカット

STEP.3
名前を入力し、「Enter」キーを2回押すと、名前が変更されます。

新しいフォルダ,名前の変更,ショートカット

新しいフォルダを完全削除するショートカットキー

新しいフォルダを削除するとき、ごみ箱には移動せず、パソコンから完全削除するショートカットキーは「Shift + Delete」です。キーを押すと、「このフォルダーを完全に削除しますか?」と聞かれるので、「はい」を選択します。

新しいフォルダ,ショートカットキー

通常、不要になったフォルダを削除するときは、フォルダを選択し、「Delete」キーを押して、「ごみ箱」フォルダに移動します。ごみ箱にあることで、誤って削除した場合でも復活させることができる安心感があります。

しかし、いつまでもごみ箱から削除されない状態では、パソコンの容量がいっぱいになってしまいます。そこで、不要なフォルダは完全削除をおすすめします。

STEP.1
完全削除するフォルダを選択します。

新しいフォルダ,完全削除,ショートカット

STEP.2
ショートカットキー「Shift + Delete」を押します。

新しいフォルダ,完全削除,ショートカット

STEP.3
選択したフォルダが完全削除されます。

新しいフォルダ,完全削除,ショートカット

フォルダ内のファイルを検索するショートカットキー

フォルダ内に保存されているファイルを検索したいときのショートカットキーは「Ctrl + F」です。

新しいフォルダ,ショートカットキー

検索ボックスが入力可能な状態になるので、ファイル名を入力し、「Enter」キーを押すと、入力された文字を含むファイルやフォルダが検索候補として表示されます。

なお、開いているフォルダだけでなく、そのフォルダの下位のフォルダにあるフォルダやファイルも検索されます。

STEP.1
検索するフォルダを開きます。

フォルダ内のファイルを検索するショートカットキー

STEP.2
ショートカットキー「Ctrl + F」を押し、検索キーワードを入力して、「Enter」キーを押します。

フォルダ内のファイルを検索するショートカットキー

STEP.3
検索結果が表示されます。

フォルダ内のファイルを検索するショートカットキー

Windows10 新しいフォルダの作成はショートカットキーで効率化

Windows10で新しいフォルダをショートカットキーで作成する方法、フォルダやファイルをショートカットキーで操作する方法について説明しました。

パソコン内はきちんと整理しておくことが重要です。同じファイルがあちこちにあったり、ごみ箱が溢れかえったりすれば、ハードディスクの容量が不足しパフォーマンスも落ちます。作業の効率化を図るには、パソコンのパフォーマンスの低下を防ぐことも重要です。

また、関連するファイルをまとめてファイリングしておけば、ショートカットキーで簡単に必要なファイルが探せるようになったり、不要なファイルをフォルダごと削除できたりと、作業が効率化されます。

ショートカットキーでササっと新しいフォルダを作成し、常に整理された環境で作業できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です